短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

リズムにのって口ずさむだけ!「Hyper English」ってなに?

リズムにのって口ずさむだけ!「Hyper English」ってなに?

リズムにのって口ずさむだけ!

Hyper Englishとは、「これだけは覚えておこう!」という必須フレーズや文章を、音楽にのって何度も繰り返すことで「口癖」レベルにすることを狙いとした新しい形の英会話のトレーニングです。

短期集中に特化した英会話プログラム「イングリッシュブートキャンプ」が監修・提供するHyper Englishは、Youtube等の動画配信プラットフォームを使っているので当然無料!時間があるときにいくらでも好きなだけ練習できます。

実戦で使えるには、口癖にしてしまおう!

「Thank you!」や「Good Bye!」は、「あれ、ありがとうって英語でなんて言うんだっけ?」「さようならは、英語でなんだっけ?」といちいち考えずとも口をついて出てきます。その「いちいち考えなくても英語が出てくる」フレーズや文章が増えれば増えるほど、英会話はだんぜん楽になります。

例えば、当然オフィスにかかってきた英語の電話を取り次ぐ際、「少々お待ちください」といって保留にしたい。さぁ、どうするか。

― 「お待ちください」って、「Please wait」でいいのかな。それだけで「保留にする」っていうニュアンスもあるのかな???

とパニックになるよりは、「Can I put you on hold, please?」というフレーズを覚えておけば大丈夫。

ただ、問題は、これを、「えーと、あれ何だっけか?」とよくよく考えたら思い出せるように暗記をしておくだけでは足りない、ということです。

本番で、躊躇なく、余裕をもって使えるには、反射神経でいえるレベルで覚えたいのです。「口癖」になるくらいモノにしておきたいものです。

そうです。頭じゃなくて、口で、覚えるのです。

いってしまえば、算数の九九のようなものです。

算数の九九のように頭じゃなくて、口で覚えよう!

英会話の基礎となる重要フレーズも九九のように繰り返し繰り返し何度も練習することで、口癖レベルに落とし込む、それがHyper Englishです!

Hyper Englishのトレーニング方法

先ほど紹介した、Can I put you on hold, please? のフレーズを学ぶハイパーイングリッシュでは、

Can I
Can I put you
Can I put you on hold
Can I put you on hold, please?

などと、フレーズを細かく区切り、トレーナーの指示通り、リズムに乗って何度も何度もリピートします。

算数だって、あれだけ九九をやったんだから、英会話も重要なものを繰り返し繰り返し覚えるのは、当たり前といえば当たり前です。

そのためには、リズムにのってノリノリに繰り返すのが効果的!
何といっても楽しいし、口に残ります!
だから、Hyper Englishなのです。

厳選したサバイバル・フレーズだけ!余計なものは覚えない!

そして大切なのは、なんでもかんでも練習するのは大変ということです。

できれば「厳選したものだけ」を徹底的に練習していきたい、ということです。

Hyper Englishでは、大手企業も続々採用している短期集中の英会話プログラム「イングリッシュブートキャンプ」が「これだけは最低覚えよう」というフレーズを監修しており、これだけ覚えてサバイバルしよう!といったものだけを紹介するから、余計なものは覚えなくてすむのです。

Hyper Englishは、どうやって見られるの?

Hyper Englishは、youtubeの「イングリッシュブートキャンプ」というチャンネルでフレーズを紹介しています。チャンネル登録すれば、youtubeから新たな動画が出た旨の通知もきて便利です。

『イングリッシュブートキャンプTV』

また、そのフレーズの解説は、イングリッシュブートキャンプのブログでも紹介しています。

『イングリッシュブートキャンプBlog』

最初のシリーズは「電話の取次ぎ」です。
これだけ覚えればプロフェッショナルな電話の取次ぎができる、という厳選した13文を1文1文記事と練習動画で紹介していきます。音楽に乗ってノリノリにハイパーに繰り返し、自分のものにしてくださいね!

「電話の取次ぎ編」