短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

オフィスへの英語の電話の正しい切り方は?【電話の取次ぎ13/13】

オフィスへの英語の電話の正しい切り方は?【電話の取次ぎ13/13】

英語での「電話の取次ぎ」が不安な方必見!オフィスでの電話の取次ぎが怖くなくなる、プロが厳選した13文を1文1文記事と練習動画で紹介していきます。

“Thank you very much for calling. Have a nice day!”

今日のトピックは、オフィスの電話編では13回目最終回となる、オフィスにかかってきた英語の電話の切り方です。

日本のビジネス電話では、「失礼致します」等で締められることも多いと思います。

英語では、失礼しますって何というのだっけ、と直訳するよりは、英語圏でのコミュニケーションのマナーに従い「Thank you very much for calling」と感謝の念で締めたらよいかと思います。さらに最後にはHave a nice day!を添えればポジティブないいムードで会話を終えられますね。

これも、口癖になるくらマルっと覚えたいゴールドなフレーズです。Hyper Englishを活用して、しっかりと自分のものにしてしまいましょう。

それでは、電話シリーズでの最後のフレーズ、

Let’s Hyper Now!

今日のフレーズ | HE#013【電話の取次ぎ 13/13】

Hyper Englishとは?

Thank you very much for calling. Have a nice day!
抄訳:お電話ありがとうございました。ご機嫌よう!

本シリーズは「オフィスでの電話の取次ぎ」です。
オフィスでの電話対応での丁寧な取次ぎは、社会人としては当たり前の所作です。新人のころは何度も練習して体で覚えたかと思います。英語も同じです。何度も何度も繰り返して覚えましょう。「電話の取次ぎ」シリーズでは、これだけ覚えればプロフェッショナルな電話の取次ぎができる、という厳選した13文を1文1文記事と練習動画で紹介していきます。音楽に乗ってノリノリにハイパーに繰り返し、自分のものにしてくださいね!