短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

短期集中英会話の新定番

たった2日間で
英会話に自信をもって喋れる

1

2日間の短期集中

2

日本語禁止の強制環境

3

最強の講師陣

イングリッシュブートキャンプは

220時間英語喋れるに到達する短期集中プログラムです

こんな方におすすめです

  • 必要に迫られているけど時間がない
  • 英会話の苦手意識が
    払拭出来ない
  • 何から始めて良いか
    分からない

そんなお悩みをお持ちの方!

イングリッシュブートキャンプなら

全て解決します

  • 2日間で完結する短期集中型プログラム最短で自信をもって英語を喋れるようになるために、必要なトレーニングだけを2日の短期集中で実施します。日々の通学が難しい方でも週末で参加可能です。
  • 教室内は日本語一切禁止の英語環境 プログラム開始から終了までは日本語一切禁止。ただ厳しさだけでなく、こだわりのお食事や非日常感のある内装等、最高の英語学習環境を提供いたします。
  • 採用率1.5%の最強のネイティブ講師陣 厳選採用された指導力・人格ともに最高のネイティブ講師が、トレーニングを重ねて最強のチームを実現しています。英会話初心者の方にも手厚いフォローでサポートいたします。

Application form

お申し込みはこちら

Training英語教育専門家が語る最適なトレーニングとは

「間違ってもいいからとにかく話す」という
マインドセットに変えて練習出来る場があると良いですね。
ただ、独学ではその練習は難しいかもしれません。

アルク教育総合研究所 平野琢也所長

英語教材編集やTSSTなどスピーキング能力テストの開発・運用、英語学習アドバイザー資格認定制度の立ち上げ・運用などに関わり、現在はアルク教育総合研究所にて、英語教育関連の調査・研究に携わる。

voice卒業生の声

Q当プログラムに満足していますか?

  • 英会話への考え方が
    180度変わりました
    外資系製薬会社  西田 梨沙 様
    とにかく自信を持って口にすること、英語の脳に変える方法を学びました。これまではインプット重視で勉強していましたが、今ある知識でアウトプットにトライすることの大切さを痛感しました。情熱的かつ細やかにお付き合い下さり感謝感激申し上げます!
  • 英語が嫌いだったが
    英語を欲するように
    なっていた
    人事ソリューション事業者 野口 豪様
    今回の英会話合宿で二つ得たものがあって、一つは、英語がとても苦手で嫌いだったんですけど、自分でも英語を話せるんだなと気づいた事。もう一つは、感情を表す言葉が出なかったので、そういった明確な目標が立てられて今後の勉強意欲が湧きました。
  • ビジネスで活用
    出来る英語スキルが
    身についた
    外資系営業 浜野 幹也様
    英会話の6割は、世の中にある英会話スクールで習える。残りの4割は、イングリッシュブートキャンプでしか学べない。そして、その「残りの4割」こそが、実戦で英語が使えるかどうかの違いだ。

Corporate

企業も認める効果

英会話を思う存分に本気で楽しむことが一番のポイントかもしれないですね
英語力だけでなく、発信力を高めるためにリーダー育成研修の一環として活用しています
TOTO株式会社
渡辺 哲也 様
人財本部 経営塾
とにかく英語を口に出して自らのメッセージを伝えるチャンスを逃さないことの大切さを教えてくれるプログラム。
北海道教育委員会 様
スーパーイングリッシュキャンプ
Application form

お申し込みはこちら

プログラム主宰より

ぜひ英会話を始めるきっかけを見つけてください。イングリッシュブートキャンプでなくてもいい。皆様には既に自由に英会話をするだけの素地があり、絶対に喋れるようになります。

児玉 教仁

イングリッシュブートキャンプ株式会社 代表取締役 ハーバード経営大学院 ジャパン・アドバイザリー・ボードメンバー DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー アドバイザー

経歴

  • 1996年 : バージニア州 ウィリアム アンド メアリー大学で政治学・経済学をダブル専攻で卒業
  • 1997年 : 三菱商事株式会社入社
  • 2006年 : 同社よりハーバード・ビジネス・スクールに2年間派遣され経営修士(MBA)を取得
  • 2011年 : 同社退社後、グローバルアストロラインズ社を立ち上げ、グローバル人材育成事業に取り組む
  • 2012年 : イングリッシュブートキャンプ事業を立ち上げる
  • 2018年 : イングリッシュブートキャンプ事業をグローバルアストロラインズの子会社として法人化しイングリッシュブートキャンプ株式会社を設立。同社代表も務める

著書

  • 「パンツを脱ぐ勇気」 | ダイヤモンド社(2011年)
  • 「ハーバード流宴会術」 | 大和書房(2012年)
  • 「”カタチ”から入るビジネス英会話」| ダイヤモンド社(2016年)
  • 「グローバル・モード」| ダイヤモンド社(2019年)
2日間あれば、英語は喋れるようになります。 英会話の90%は、たった700語からなっており、私たちはすでに中学校で1200語くらいの英単語を学んでいます。ちなみに、先日、弊社で実験してみましたが、一般的な管理職に求められる英語力はCEFR(セファール:国際的な英語力の指標)でB2以上と言われていますが、セファールでB2のスコアを出すために必要な英単語の90%も700語で事足りました。 「喋れない」と考えている方に足りないのは、「英語の知識」ではなく、「英会話のコツ」です。コツをつかむなら、短期集中は有効です。スキーの未経験者も、2日間がっつりやれば、なんとか楽しく滑れと思いますが、英語もそれと同じです。絶対に喋るようになります。英語なんぞ、恐れるに足らず、です。そして、しゃべる自信がつけば・・・見える世界も変わってくるはずです。そんなチャレンジを支えてきた熟練の講師・スタッフがお待ちしています。ぜひ、一緒にチャレンジしましょう。

こちらも受付中!

イングリッシュブートキャンプ
10時間オンラインコース​

生徒1名に対して講師2名が同時に参加でマンツーマン以上!たった1日で英語が喋れる自信が付くオンライン英会話レッスンです。

なぜ2日で英語が喋れるのか?

最短で英語に自信が付く付く理由