短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ2019-03-08T12:42:47+00:00

YouTubeチャンネル登録者数1万人突破!!!

こんにちは!スタッフのMIKIです(^^)/★     皆さん、イングリッシュブートキャンプのYouTubeチャンネルをご存知ですか? https://www.youtube.com/channel/UCgSHf0Vs2HNgQfzTbe4UVdQ   なんとこの度… イングリッシュブートキャンプチャンネルの登録者数が 10000人を突破しました!!!     皆さま、ご登録本当にありがとうございます!!!     このチャンネルでは キャンプ中の様子や面白ネタ動画など、様々なコンテンツがあります。   例えば…   英会話を始めるために必要な心構えがぎっしりと詰め込まれた 『今すぐ英語で喋れる60分講座』シリーズ! https://www.youtube.com/watch?v=6KBcHe1GwR4   くすっと笑える一言ネタで英語のフレーズを覚えられる 『写真で一言イングリッシュ』シリーズ! https://www.youtube.com/watch?v=POhBRLMiQoM   最近は特にシャドーイングの動画が1番人気! 現在、ピーターパンシリーズを更新中です☆ 『有名童話でシャドーイング!-ピーターパン編-』 https://www.youtube.com/watch?v=FNpGzi4sVSI     キャンプへ参加されるならば、特に受講前に聞いて頂いて

By |9月 13th, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

東京海上株式会社二宮様のインタビュー記事が公開されました!

みなさんこんにちは!MIKIです(^^)/★     イングリッシュブートキャンプでは二子玉川の自社施設での開催のほか、 ときどき企業様よりお声がけ頂き、企業様向けに出張キャンプも行っています。   今回は東京海上日動火災保険株式会社の 人事企画部 人材開発室 二宮英太郎様に インタビューをさせて頂きました! 全文はこちら↓ https://english-bootcamp.com/recommend07/     弊社代表のGeneral児玉は 東京海上様の若手の皆様に向けて、講習担当として自ら登壇しており、 研修当日はとてもウキウキして出かけていきます(笑)   児玉に東京海上様について聞いたところ…   General児玉 東京海上様は骨太のグローバル人材教育をされている企業と思いますし、 そこでイングリッシュブートキャンプが活用されていることをとても嬉しく思います   と話していました。     今回特別イングリッシュブートキャンプを受講された東京海上様。 そして、ご自身でも受講された二宮様はインタビュー中で このようにお話ししてくださいました。     実際に私自身も参加させて頂いて分かった事なのですが、やはり英語で話すことが怖かったんだということに気づき、それでも勇気を出して言葉を発してみたら意外に伝わり、その喜びを感じ、更にトライしてみたいと思うといったサイクルを実感しました。この繰り返しが英会話への自信に変わっていくのだと思います。今まで臆して何も言えなかった自分を覆う『殻』を一気に破ったと言いますか、そういった経験が出来るプログラムだと強く感じました。 若手社員たちの英語力が向上しない背景の一つに、英語に対するそもそもの苦手意識が英語学習への意欲を阻害している点があり英会話の「楽しさ」に気づき、英語を話すことに対する自信を付けてもらえるようなプログラムが効果的ではないかと考え、イングリッシュブートキャンプを選びました。    

By |9月 6th, 2019|Categories: news, スタッフブログ|0 Comments

料理の説明ってどうするの? 使える英語14選!

こんにちは!English Boot Campの日本語スタッフのYuです。 今回は、レストランシリーズ最終章の第3弾、料理の説明です。 ベーシックな接客英語 国別、接客・サービスの違い 料理の説明 慣れない英語で接客をしなくてはいけない時に、一番怖い質問が“What is this?”と聞かれた時ではないでしょうか?そのまま日本語で料理名を言うだけでは相手に伝わらないし、説明と言われても… そこで今回は、英語での料理の説明をご紹介していきたいと思います! まずは、煮た、焼いた、揚げた、などの調理法の単語から見ていきましょう! Boiled- 茹でた Ex: Boiled egg/ ゆでたまご Simmered-煮た Ex: Simmered chicken with Japanese radish (daikon)/ 鶏肉と大根の煮物 Deep Fried-揚げた Ex: Deep fried chicken/唐揚げ *豆知識 皆さんがよく言うフライドポテト。実は英語ではFrench friesと言います。フライドポテトを省略して呼ぶ時に、日本語ではポテトなんて言ったりしますが、アメリカ英語ではfries、イギリス英語ではchipsと言います。実はこの呼び方、アメリカ英語だとchips、イギリス英語ではfriesがポテトチップスを意味します!!逆なんですね。

By |9月 6th, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

高校生イングリッシュブートキャンプ2019を開催しました!

みなさんこんにちは!MIKIです(^^)/★ 今回は高校生イングリッシュブートキャンプ2019の開催報告になります!   先日ニュースを見ていたら 8月最終週から2学期が始まっている学校がほとんどだということを知ってとても驚きました! わたしが学生だった頃は海の日の前日に終業式を行い、 2学期スタートは9月1日からでした。 1週間も短くなるなんて…と思いましたが、それでも1ヵ月ととても長い夏休み。   学生たちにとってたくさんの経験ができる貴重な時間。 皆さまどのように過ごされていたのでしょうか?   そんな夏休み期間、イングリッシュブートキャンプでは 「高校生イングリッシュブートキャンプ」を開催しました!!   今回はその様子についてお伝えしたいと思います☆彡   YouTubeに当日の様子をアップしてますので是非ご覧ください♪ https://www.youtube.com/watch?v=s-_lwmNVMTY       高校生を1日で劇的にかえる魔法の一日 当社では通常ビジネスマン向けに 2日間で英語を喋れるようになるプログラムを提供させて頂いております。 しかしその一方で 「学生向けのプログラムはないの?」というお声も多く頂いておりました。   そんな中、2013年に北海道教育委員会が主催する 「Hokkaido Super English Camp」から招待され、 高校生へ向けてイングリッシュブートキャンプを実施したことを皮切りに、

By |8月 29th, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

ALL-EIKAIWA管理人キツネさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!

みなさんこんにちは!MIKIです(^^)/★   先日、「ALL-EIKAIWA」というWebサイトの管理人であるキツネさんが イングリッシュブートキャンプをガチ受講され、その時の様子をまとめた記事がUPされました!  【ガチ受講】イングリッシュブートキャンプを実際に2日間受けてみた感想【体験記】 https://all-eikaiwa.com/ebc-trial/       ALL-EIKAIWAとは? ひとことで言ってしまえば、英会話スクール比較サイトです。 しかし、そのへんのまとめサイトとは訳が違います!   なぜなら… 英会話教室の元スタッフ、業務マニュアル翻訳、 海外留学経験3年、CEFR C1(TOEIC950点相当)などなど…   自身も英語を習得してきた経験のあるキツネさんだからこその視点があるからです!!   実際に国内の様々な英会話スクールの類へ赴いてガチ受講し その様子や感想をまとめた記事や その経験を活かして自分に合う英会話スクールの選び方のコツなど、 とにかく英語の学びについてまとめられています。   これまで都内を中心に受講してきたスクールは、なんと25か所以上!! これだけ様々なところで勉強法を実体験しているということは いろいろなノウハウを熟知しているに違いありません。   その確かな情報量から月間2万PV以上を誇る人気の比較サイトとなっています!   そんなキツネさんがイングリッシュブートキャンプへ参加されたとは… 気になる評価はどうだったのでしょうか…!?    

By |7月 31st, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

アメリカと日本のレストランの違い | 接客・サービスの仕方について

こんにちは!English Boot Camp 日本語スタッフのYUです。 今回はレストランシリーズ第二弾、アメリカと日本の接客・サービスの違いです。 1.ベーシックな接客英語 2.国別、接客・サービスの違い 3.料理の説明 私は5年ほどアメリカの大学に行っている間に、数か所のレストランでアルバイトをしていました。アメリカに行く前から日本で接客のアルバイトはしていましたが、はっきり言ってあまり得意ではありませんでした。アメリカと日本のサービスの違いに最初は戸惑いましたが、アメリカで働いてみて、仕事ができるようになればなるだけチップももらえるようになりますし、こんなにいろいろな人と話ができて、接客って楽しいんだ!と気づくことができました。 今回は、私が気づいたアメリカ・日本の接客の違いをご紹介したいと思います! これから旅行に行かれる方にも参考にいていただけたらいいなと思います! 「いらっしゃいませー!」は存在しない!? まず、アメリカでは“いらっしゃいませー!”は存在しません(日本食屋さんなら別ですが…)。普通に“こんにちは・こんばんは。何名様ですか?”という感じです。 そして、基本的にはお客様はスタッフに案内されるまでは着席しません。日本だと、勝手に着席する方いますよね?これはタブーなんです。 すみませーん!は失礼なの? “すみませーん!”も存在しません。アメリカのレストランで、スタッフを声を出して呼ぶ行為はRUDE(失礼)な行為なんです。みなさま、間違ってもアメリカのレストランに行ったときにしないでくださいね。 では、どうやってスタッフの人を呼べばいいのだろう?? アメリカのスタッフは呼ばれることはしないため、いつもお客さんのことは気をかけて見ていてくれます。ですが、こちらの意思表示は必要ですよね。 まずはメニューを閉じて机においてください。これは何を頼みたいか決まりましたよ。というサインになります。 それでも気付いてくれない…という場合はスタッフの方と目を合わせて、小さく手を挙げるなどしてみましょう。 オーダーしていいスタッフは一人だけ!? 日本ではオーダーをしたいときは誰にオーダーしても大丈夫ですよね。 ですが、アメリカでは自分が接客するテーブル・お客様が決まっています。 お客様側もオーダーしていいスタッフは基本一人だけです。 なので、最初に自分の席に来たスタッフの方を覚えておきましょう。 そして何かをオーダーしたいときは、同じ方にお願いするようにしましょう。 こんなに役割分担されてるの!? 日本では基本、ウェイトレス・ウエイターがテーブルをセットするところから、お客様に接客をしてお皿を下げるところまでこなしますよね。 ですが、アメリカは違うんです!基本的なアメリカのレストランの場合、 Host・ホスト Server・サーバー Runner・ランナー Busser/Busboy・バサー/バスボーイ Bartender・バーテンダー

By |7月 22nd, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

Raluさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!

みなさんこんにちは。MIKIです(^^)/★ 先日、YoutuberのRaluさんがイングリッシュブートキャンプに参加され その時の様子をまとめた動画がUPされました!  La bonne cuisine de Ralu たったの2日間で英会話が上達する方法! プロの料理人として自宅でお料理教室を開催されている一方、 フランスでパティシエとして働いていた経験もあるRaluさん! パティシエ時代はもちろんフランス語で生活していたようですが “英語を学びたい!”という気持ちはずーっとあったそうです。 ただ9月にはスペインへ留学に行く予定があるため 今から長期の英会話スクールには時間的に通えない… そこで、超短期集中型であるイングリッシュブートキャンプに 参加してくださいました!     イングリッシュブートキャンプの洗礼!? イングリッシュブートキャンプではまず初めにオリエンテーションを受けていただきます。 事前アンケートの記入や諸注意事項の説明などをさせていただくのですが、 その中でも第一関門とも言える英語のミニスピーチには受講生の皆さんはいつも困惑顔(笑) もちろんRaluさんにもミニスピーチを行っていただきました! しかし、緊張もあってか、言葉が出てこず、 どんどん声が小さくなってしまいとにかく自信なさそう… スピーチを終えたRaluさん、「やばい」を連発していました(笑) 他の受講生の皆さんも同様の反応です。     基本的なところからしっかりサポート! オリエンテーションを終えたら、いよいよプログラムがスタート! 熱血インストラクターPatrickの指導の下、 アイコンタクト・ジェスチャーなど基本的なことから学んでいきます。 これだけでもオリエンテーションのときからかなりの変化を感じられます!

By |7月 10th, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

「ねぎ」って英語で何て言う?|覚えておきたい野菜英語

みなさんこんにちは!MIKIです(^o^)/★今回は野菜英語についてお話させて頂きます! 先日のランチタイムでの出来事です。 ランチにはいつも代表が買ってきてくれた漬物をみんなで食べているのですが、そんなとき前職で食品関係の会社で務めていたShunがこんなことを教えてくれました。 Shun「地域によって野菜の英語って変わるんだよ!」 Miki「え、そうなの!?」 聞けばいろいろ面白い野菜英語。 そこで今回は、Shun・Yu・Anne・Rob・Lucas・Patrickにアンケートをとったので日本人が間違えやすい野菜英単語をメインに紹介したいと思います! かぼちゃ “かぼちゃ”と聞くとおそらく“Pumpkin”と思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。 わたしもそうだと思っていました。しかしそれは大きな間違いなのです!!! あくまでもPumpkinはハロウィンで使われるようなオレンジ色のかぼちゃのこと。 多くの英語圏ではこれが主流。   日本で主流の緑かぼちゃのことは“Squash”というそうです。   ただこれには海外で生活していた日本語スタッフのShunとYuは、 「それってカテゴリーのことじゃないの?」とか  「別の食べ物じゃないの?」などと言っていました。   日本で“緑のかぼちゃ”を伝えたいなら“squash”でも通じそうですが 海外で“squash”というとそのときは別のものが出てきそう…!! 茄子 茄子はYuとAnneが最初に教えてくれた単語です。   アメリカ英語圏では“Eggplant”といいます。直訳すると…卵の植物?なんで!? その由来は形にあります。 まさに卵のよう!Eggplantと言われるのも納得です。   ただ現在では、 日本のものより大きくなりますがアメリカでも紫色の茄子が主流だそうです。   ちなみにイギリス英語圏では“Aubergine”というとのこと。 もともとフランスの言葉のようですが、ドーバー海峡をも越えてきたんですね。 ねぎ ねぎについてはShunが詳しく教えてくれました!

By |7月 4th, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

レストランにて外国人客をもてなす必須の英語表現16選

こんにちは。 イングリッシュブートキャンプ、日本語スタッフのYUです。 気づけば2019年も残すことろあと半分。2020年の東京オリンピックもあっという間にやってきますね! 最近では海外からの観光客数もすごく増えてきていますが、飲食店での接客中に、 「英語がわからなくて大変!」なんて思っている方も多いのではないでしょうか? そこで、 ベーシックな接客英語 国別、接客・サービスの違い 料理の説明 の3回に分けて、レストランでの接客に役立つ英語と豆知識をご紹介していきたいと思います。 今回は、「レストランで働くときに使えるベーシック接客英語(アメリカ英語)」編です! 私は、アメリカの大学に行っていた約5年の間に、数か所のレストランでアルバイトをしていました。 日本とは接客の仕方やサービスが全然違い最初はとても戸惑いました。 アメリカのレストランではほとんどの場合、最低時給しかもらえません。 なので海外ではチップが命!いいサービスを提供してたくさんチップをもらうしかないのです!! 頑張って接客英語も覚えて、お客さんとの会話もできるようになりました。 今回ご紹介するのは、ほぼ毎回の接客で使えるものですので、ぜひ覚えてみてください! まずはお客様が入店されたときですね。 日本では“いらっしゃいませ!”が一般的ですが、実はこれ、日本独自の挨拶なんです。 英語ですとこんな感じになります。 こんにちは/こんばんは。(お元気ですか?)何名様ですか? “Hello/Good evening. (How are you?) How many are in your party?” お席までお連れします。/どこでも空いてるところにどうぞ。 “Please follow

By |7月 3rd, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

大人気!学生向けプログラムが今夏も開催決定!

2013年から4年間、北海道教育委員会が主催する「HokkaidoSuperEnglishCamp」に講師を派遣し、高校生へ向けて2日間の学生イングリッシュブートキャンプを行いました。その経験をもとに2017年より当社独自で「1日限定高校生イングリッシュブートキャンプ」を開催。今回で4回目を迎え、これまで延べ70人の高校生が参加しました。毎年予約開始すぐに満席になるほどの人気ですが、今年は発表前にも関わらず連日多くの問い合わせが入り、例年よりも早く開催が決定しました。「イングリッシュブートキャンプ」は通常ビジネスマン向けのプログラムであり、18歳以上の方しか参加できません。しかし、8月7日(水)の「高校生イングリッシュブートキャンプ」ではその時点に高校生であれば参加可能。2日間のプログラムを学生向けにリメイクして1日に凝縮して行います。 短期集中英会話合宿を運営するイングリッシュブートキャンプ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表:児玉教仁)は、8月7日(水)1日限定で「高校生イングリッシュブートキャンプ」を実施することを発表しました。6月17日より下記URLにて予約受付をスタートします。 https://english-bootcamp.com/students-camp-2019/ プレスリリース全文はこちら(PDF)

By |7月 2nd, 2019|Categories: スタッフブログ|0 Comments

「居酒屋」は英語でなんと呼ぶ?|覚えておきたい居酒屋で使える英語

よく仕事終わりに同僚とパーっと居酒屋にいく人もたくさんいるのではないしょうか?特に仕事終わりのビールは最高ですよね!そんな日本の文化がつまった場所に興味のある留学生はとても多いようで、よく見かけることがあります。

By |4月 19th, 2019|Categories: column, Ryu|0 Comments

「メンマ」は英語で何と呼ぶ?|覚えておきたいラーメンの英語

日本人のソウルフード「ラーメン」!手軽で素早く食べられる上にバリエーションが豊かでおいしい、まさに愛されフードですよね! 平成で一番行列経験のあるグルメは「らーめん・つけ麺」らしいですよ。 最近では外国人の方もラーメン屋さんでよく見かけるようになりました。

By |4月 10th, 2019|Categories: column, Ryu|0 Comments