短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

24時間ライブストリーミングを行いました!

みなさんこんにちわ。EBCのSHUNです。

先日24時間の生配信をYoutubeにて行いましたのでその様子をご報告いたします。

配信開始~深夜 21:00~1:00

とある学生の方にご協力いただき24時間の英語学習でどれくらい英語力が変化するのかを検証するのがこの24時間ストリーミングでの1つのコンテンツでした。

ライブが始まった21時からはまず学生さんの自己紹介から始まり、この時点での英語力を数値化するためにVersantテストを受講してもらいました。そして最初の結果が。。。

25点!

20点~80点がVersantのスコア幅なので、ここからの24時間でどれくらい点数が上がるのかがこのライブストリーミングでの見どころです。

テストを受けた後は普段ライブ行っているように視聴者参加型レッスンを行いました。

もちろんこの企画に参加してくれている学生さんもNathanと直にこのレッスンに参加し英語力を鍛えます。

深夜~朝方 1:00~8:00

1時になったところで学生さんとNathanは一旦退場ですが、学生さんには寝ている間もEBCで使用してるMP3を聞いてもらい睡眠学習を行ってもらいます。

一方で私SHUNは引き続きライブを朝まで行っておりました。行ったことは以下の通りです。

EBCの紹介

英語で学ぶ日本の昔話

世界の英語紹介

初代ポケモンで学ぶ英語

夜中の1時から8時までの7時間を一人で回すことになったんですが、後半はかなりきつかったです。前半はカラ元気でノリノリでやっていましたが、ポケモンのパートをやり始めた早朝6時くらいからかなりの眠気が襲ってきてました。徹夜なんて大学生ぶりなのでなかなかハードな日になりました。

2日目朝~昼8:00~15:00

8時からは朝食を作りみんなで朝ごはん、9時からは学生さんがEBCのフィリピンチームとオンライン英会話を行い、SHUNは一旦退場、NATHANはYUTAとともに以下のコンテンツを行いました。

英語の体操

英語で山手線ゲーム

英語でインディアンポーカー

英語・日本語で早口言葉

英語でクッキング(ランチ)

NATHANの地元紹介

NATHANの講師紹介

2日目夕方15:00~19:00

15時からはNATHANとSHUNでライブレッスン、その後NATHANに聞きたい100の質問ということで様々な質問に回答する時間になっていました。

配信終盤19:00~21:00

19時からはいよいよ学生さんの2回目のVersantテストです。テスト受講後は結果が出るまで視聴者参加型レッスンです。

そしていよいよ結果発表です。気になる結果は。。。

39点!

14点の点数アップに成功しました!

まだまだペラペラというわけではありませんが、24時間前の彼から見ると大きな変化が見られます。気になる方は是非アーカイブをご覧ください!

24hours TV 前編

24hours TV 後編

ステイホームを快適にする家具・家電の英語名まとめ

こんにちは!最近は毎日ブログ更新を頑張ってますSHUNです。皆さん、ステイホームされてますか?私は3月から在宅勤務がメインになったので今年はほぼ家にいる年でした。家にいる時間が長いと、これまでよりも家具家電にこだわりたくなりますし、オンラインで英会話中に「最近こんな家具を買ったんだ〜」みたいな会話も増えるかもしれません。本日はそんな家具家電のお話です!

 

家具・家電は英語で?

家具=Furniture

家電 = Home appliances

家具の英語名を知っている方は多くいると思いますが、家電の英語名を知っている人は少ないのではないでしょうか?Applianceが器具という意味なので、家の器具で家電、になります。

家電

コンセント outlet

英語のように聞こえる「コンセント」実は英語ではありません。大正時代に海外からコンセントが入ってきた際に「Consentric Plug」と呼ばれていたのがコンセントの由来だそうです。

洗濯機 washing machine

文字通り、洗う・機械です。

冷蔵庫 refrigerator, fridge

Fridgeの方が一般的に使います。冷凍庫はFreezer

電子レンジ microwave

こちらも英語っぽく聞こえますが、「Electric Range」ではありません。

エアコン air conditioner

Air-Conと略しそうになりますが、略すと通じません。

掃除機 vacuum cleaner / hoover

アメリカ英語ではvacuum cleaner、イギリス英語ではhooverと言います。

加湿器 humidifier

ヒューミディファイアと読みます。この季節には必須ですね。

除湿器 dehumidifier

ヒューミディファイアの逆なのでディ・ヒューミディファイアとなります。

空気清浄機 air purifier

ピューリファーは清浄機という意味です。

家具

タンス drawer

引き出す=drawなので、引き出すもの=Drawerとなります。

クローゼット closet, wardrobe

アメリカ英語ではClosetになりますが、イギリス英語ではWardrobeとなります。日本語でもワードローブと読んでいる家具屋さんもありますよね。

本棚 book shelf

本=book、棚=shelf、でbook shelfとなります。

敷布団 mattress

マットレスと敷布団は別物だ!とおっしゃられる方がいるかもしれませんが、敷布団が何かと説明する時にはMattressが最適解となります。

掛け布団  duvet

デュヴェイと読みます。もともとフランス語なのでTは発音しません。ホテルなどに滞在しているときに掛け布団が欲しい時はCan I have a duvet please?と頼むことができます。

絨毯 carpet

カタカナでもカーペットですね。英語でも同じになります。

 

さて、今回は家具家電の英語をお届けしました。これで英語のオンラインレッスンでも家の事を説明できるので、会話の幅が広がるのではないでしょうか?常日頃から身の回りのものを英語で覚えると英会話に役立ちますよ!それではまた!

鍋の季節到来!意外と知らない具の英語名

こんにちは!最近初めてお年玉用のポチ袋を姪の為に買いましたSHUNです。渡すときの喜ぶ顔が待ち遠しいですね。
さて!本日はお鍋のお話です。冬と言ったらやっぱり鍋ですよね。私は福岡のもつ鍋が大好きなのでたまに福岡から取り寄せてます。そんな鍋ですが、たくさんの具材が入っていますよね?皆さん英語で具材の説明はできるでしょうか?今日はそういった意外と知らない具の英語名を紹介していきます。

鍋は英語で?


本題の具材に入る前にまずは鍋のお話です。寄せ鍋、ちゃんこ鍋、もつ鍋、水炊き、おでん、しゃぶしゃぶ、すき焼き等、鍋と言っても様々な種類がありますが、これらは「Japanese Hot Pot」と表すことができます。最近では「Nabe」という名前でも通じることがあるようです。

出汁は英語で?


鍋の肝となる御出汁。英語で何と言うかご存じですか?これは「Broth」もしくは「Stock」と言います。カツオだし、昆布だしなどいろいろとありますが、英語では以下のように表現することができます。

カツオだし=Dried bonito broth
昆布だし=Dried kelp(Kombu) broth
あごだし=Dried flying fish broth
いりこだし=Dried young sardine broth

具材は英語で?

さて、本題の具材です。見ていきましょう。

キャベツ=Cabbage


もつ鍋には欠かせませんよね。

白菜=Chinese cabbage


白という漢字が入っているのでWhite Cabbageと勘違いしがちですが、Chinese Cabbageと呼ばれます。

ねぎ=Leek


ねぎは他にもSpring onionやGreen onionと呼ばれたりしますがそれらはより細く、生で食べられ物を基本的に指します。Leekは葉が太く鍋のようにしっかりと火を通して食べられるものです。

大根=Daikon radish / Mooli


アメリカではダイコンラディッシュと言えば通じるようです。私の住んでいたロンドンではMooliと呼ばれていました。


春菊=Crown daysy


ロンドンの日本食小売店でShungikuという名前で売られていました。


豆腐=Tofu


豆腐は世界的に知られているためTOFUで通じます。

油揚げ=Deep fried tofu

続きを読む鍋の季節到来!意外と知らない具の英語名

ワクチンのスペルは?意外と難しい薬品名の英語まとめ

こんにちは!最近北海道の実家からカニが送られてきて最高にテンションが上がっていますSHUNです!もう年末ですね。みなさんはどのように過ごされるのでしょうか。

さて、最近ではCOVID-19に対する治療薬として、「レムデシベル」や「アビガン」など初めて聞くような薬品名が多く聞かれるようになりました。本日は意外と難しい薬品名の英語のお話です。

薬は英語でドラッグ?メディスン?

そもそも、薬を英語で何と言うかご存じでしょうか?日本ではドラッグストアに薬が打っていますが、「ドラッグ」単体で聞くと少し危ないもののようにも感じますよね。まずは基本的な呼び方について解説します。

Medicine(メディスン)

基本的にはMedicineと言えば薬とわかってもらえます。飲み薬、塗り薬、目薬等は全てこれに該当します。薬はtakeするものなので、喋る際には以下のように使います。

I need to take medicine because I have a headache. (頭痛がするから薬を飲まないといけない。)

Do you have any medicine for stomach ache? (腹痛の薬持ってませんか?)

Drug(ドゥラッグ)

こちらも「薬」という意味では理解してもらえることもありますが、違法薬物という意味もあるので勘違いされやすいです。なので、基本的には薬=Medicineと覚えたほうが良いでしょう。以下の文だと勘違いされるので要注意です。

I need to take drugs because I have a headache. (頭痛がするから薬を飲まないといけない。)

Where can I buy drugs?(薬はどこで変えますか?)

薬局はドラッグストア?ファーマシー?

薬局はどうでしょうか?実は複数の呼び方があります。

Pharmacy(ファーマスィー)

アメリカ英語では病院の横にあるような調剤薬局の事を指しますが、イギリス英語では日本でいうドラッグストアの事を指します。Pharmacyを探している、と言えば薬が必要なことはわかりますから細かいことは気にする必要はありません。薬局=Pharmacyと覚えておけば良いでしょう。

Where is nearest pharmacy?(最寄りの薬局はどこですか?)

Drugstore(ドゥラッグストア)

アメリカ英語では日本語のドラッグストアと同じように、マツモトキヨシの様な薬以外のものを売っている薬局を指します。イギリスでDrugstoreと言うと意味が通じる場合もありますが、通じない場合は【違法薬物を売っている場所】のように聞こえてしまう場合があるので要注意です。

I want to go to a drugstore to buy some shampoo.(シャンプーを買いにドラッグストアに行きたい)

ワクチン?漢方薬?座薬?

最近はイギリスのファイザー社がワクチンの開発に成功し世界中に輸出を開始し始めて話題になりましたよね。そんなワクチンですが、英語だと読み方が全く変わってきます。ここでは他の薬の読み方もご紹介いたします。

Traditional Chinese medicine(トラディショナルチャイニーズメディスン)

葛根湯や人参湯等の漢方薬の事を指します。

Suppository(サポスィトリィ)​

座薬のことです。

Antibiotics(アンティバイオティクス)

抗生物質のことです。

Ointment(オイントメント)

塗り薬、軟膏のことです。

Pain killer(ペインキラー)

痛み止めのことです。ペイン=痛み、キラー=殺すもの、で痛み止めとなります。

Laxative(ラクサティブ)

下剤、便秘薬のことです。

Vaccine(ヴァクスィーン)

ワクチンのことです。英語だと「ワ」も「チ」もありません。ヴァクスィーンと読みます。日本語のワクチンの語源はドイツ語から来ているようです。薬を飲むときにはtakeを使いますが、ワクチン接種はVaccination(ヴァクスィネイション)と言います。

Medicine for ~と覚えておけば問題ない

さて、様々な呼び方をお伝えしましたが、全てを覚える必要はありません。Second Best English を活用して、Medicine for headache.(頭痛の薬) や Medicine for stomachache.(腹痛の薬)と言えば相手にどの薬のことなのか伝えることができます。宿泊施設で外国人ゲストに対応される方等はこういった形で覚えたほうが応用が効くでしょう!では!

12月のイングリッシュブートキャンプ開催報告

こんにちは!EBCにSHUNです!

本日は10月より再開しているEnglish Boot Camp二子玉川教室の様子をお知らせいたします。

教室をより広く使用

イングリッシュブートキャンプは現在、感染予防対策を徹底して運営しています。スタッフ、講師、受講者の体調管理だけでなく、開催一回の定員数を半分以下に制限し、教室も様々な対策を導入しています。

密を避けるためにモニターや棚などの配置を変え、今までよりも大きくスペースを使える教室になりました!また、教室中央にはソーシャルディスタンスをキープするための赤いテープも引き、わかりやすく、安全なオペレーションを行うことを心掛けています。

パーテーションを作成

パーテーションを作成し、レッスン中は人の横に設置をしております。

レッスン内容により、室内で移動するなどさまざまな形式で行われますが、パーテーションの移動などはスタッフが全て対応いたします。

例えば食事中は前、横に設置することで飛沫感染予防に努めています。

2日間の国内短期留学で英会話力アップ

6月より再開しておりましたイングリッシュブートキャンプはこのような形で帰ってまいりました!

その他様々な対策を行って安全にご参加いただいております。もしご質問・ご懸念等ございましたらご遠慮せずご連絡を頂けましたらと思います。

また10時間オンラインコースの方も引き続き実施しております!

https://english-bootcamp.com/online-lesson/

スタッフ一同、皆様のご来校をお待ちしております。

 

e-sportsで学べる英会話

こんにちは!今年に入り本気でダイエットを始めたら12kg の減量に 成功してしまいました、EBCのSHUNです。

さて、以前「コロナ渦の時期を有意義に!自宅で出来る英語学習法!」の中でTVゲームで英会話の練習ができることをお伝えしましたが、今回はそれに関連する「esports」のお話です。

世界中で人気のesports

皆さん、esportsをご存じでしょうか?

eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称。
広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使ったスポーツ競技のことを指します。
簡単に言ってしまうと、複数人のプレイヤーで対戦するゲームをスポーツとして解釈して「eスポーツ」と呼びます。
引用元:https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/e-sports/


esportsの競技人口は約1億人3000万人と言われ、テニスの競技人口(1億1000万人)を超える人数が世界中でesportsをプレイしています。日本ではまだあまりメジャーではありませんが、esportsの本場アメリカでは優勝賞金総額が33億円の世界大会が開かれるなど、新たなスポーツ競技として注目を浴びています。

海外のプレイヤーと一緒にプレイできるesports(ゲーム)

esportsと言っても様々な種類があります。FPS、TPS、スポーツゲーム、その他色々とありますが今回はその中でも英会話の練習にもってこいのFPS、TPSのゲームを紹介します。

Call Of Duty:Warzone/APEX LEGENDS (FPS)

10年以上続く人気作、Call Of Duty。中でもお勧めは無料でプレイできるCall Of Duty Worzone(PS4 or PC) です。ゲームはバトルロイヤル形式でプレイヤーはランダムでパーティを組みフィールドにパラシュート降下をするところからゲームは始まります。フィールドに落ちている武器を拾い他のプレイヤーを殲滅することができればゲームクリアです。

PUBG/荒野行動(TPS)

上記と同じようにバトルロイヤル形式のゲームですが初心者でも始めやすいようにゲーム設計がされているのでより手軽にプレイできるタイトルです。Call Of DutyだとPS4か高スペックのPCが必要ですが、こちらはスマホ一つでプレイが可能ですのでまず初めにこちらをプレイしてみてもいいかもしれません。

プレイ中に使える表現

もし他のプレイヤーと会話をしながらプレーする機会を得ることができたら、失敗を恐れずに積極的に会話をしましょう!ここではプレイ中に役に立つ表現をいくつかご紹介します。

There is ~
基本中の基本。There is someone(敵がいる)や、There is AMMO(弾薬がある)など、何かがある、いる時、レポートをするときに使えます。

Where is ~
場所を聞くときに使うことができます。Where is enemy?(敵はどこ?)等、日常英会話でもよく使うフレーズです。わからないことがあればバシバシ質問してみましょう!

Do you have ~
Do you have armor plates?(誰かアーマープレート持ってる?)やDo you have AMMO?(誰か弾薬持ってる?)のように欲しいものがある時に質問する際に使えます。

Does anyone ~
Do you haveの応用編で複数人に質問するときに使えます。Does anyone have armor plates?(誰かアーマープレート持ってる?)やDoes anyone have AMMO?(誰か弾薬持ってる?)等。

Upstairs/Downstairs
敵の場所を説明するときに使えます。Upstairsは上の階。Downstairsは下の階という意味なので、He is downstairs!(敵は下の階だ!)やThey are upstairs(奴等は上の階だ!)のように使えます。

I’m gonna ~
I’m gonna go north(北に向かう)や、I’m gonna buy armor plate(アーマープレートを買う)のように「今から~をする」と報告をするときに使えます。

Cracked him.
攻撃をして相手のアーマーを破壊した時に言う言葉です。Crackは「割れる」という意味なのでCrack himだと「相手のアーマープレートを割った」ということになります。

One down.
「一人倒した!」という意味です。2人倒した場合は Two downと言うこともできます。

GG!
Good Gameの略になります。日本語の「お疲れ様でした。」のようにゲーム終了時に一緒にプレイした人に対して言います。

英語は楽しく学ぶもの

いかがでしょうか?上記の言葉を使えれば最低限のコミュニケーションを取りながらプレイすることができるかと思います。最初は上手く伝わらないことがあると思いますが、続ければ必ず英会話力は上達します。ゲーム好きな方、新しい英会話の勉強を探している方は是非ゲームを使って楽しく英会話の勉強をしましょう!ではまた!

10時間オンラインレッスンの1日の流れを詳しくご紹介します!

最近の主食はオートミールのイングリッシュブートキャンプSHUNです。結構腹持ちが良いのでダイエットにはとってもお勧めです。私はいつもコチュジャンとニンニク、ショウガを入れて韓国風にして食べています。

さて、連日満席を頂いています10時間Premium Onlineですが、実際にどんなレッスンをするのか分からず、お申し込みを悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。そこで!今日は時系列順に10時間コースの内容を細かくお伝えいたします。

オリエンテーション 8:30~

日本人スタッフによるオリエンテーションです。この時はまだ日本語です。プログラムの説明、注意事項、ミニスピーチチェック等を行います。

日本語と英語の違い、英会話を出来るようになるための勉強方法、10時間で壊す3つの壁などの説明を行います。

ミニスピーチは30秒間、あるお題の答えを喋り続けてもらうものになります。お題が出てから回答するまでの時間は何と10秒!上手く喋れる方もいらっしゃれば、何を喋ればいいのかわからず黙ってしまう方まで様々です。スピーチの様子は録画され、レッスン終了時に比較のために見ることになります。

BASIC 9:00~

ここからは完全に英語の時間です。日本語を喋ると注意されます。BASICでは英会話に必要な5つの基礎を学びます。

主に英会話をする際の”お作法”を伝えていく時間です。例えば日本語では人の話を聞いているときにはずっと黙って聞くことが多いですよね?我々は子供のころから”人のいうことは黙って聞きなさい!”と教育されているので日本人として黙って人の話を聞くことは正解です。

しかし英会話では人の話を聞いているときには”積極的傾聴”をする必要があります。積極的傾聴とは”Right”, “Uh huh”などといった日本語でいうところの、「そうですね」や「うん」などを会話中に積極的に発することです。

Word Challenge 10:20~

午前中はモノローグ(独白)のトレーニングを中心に行います。まずは単語の言い換えのトレーニングです。英会話中に発した単語が通じなかった経験はありませんか?通じなかった理由としては、”発音が悪い”、”相手の耳が悪い”、”そもそも単語が間違ってる”など様々ですが、このWord Challengeをマスターするとそういった問題が解決されます。

例えば“Apple” という単語が通じなかった時、この果物の事を伝えたいのあれば”赤い皮の果物で中は白い。”と伝えることが出来れば、「あ~!Appleね!」と相手に理解してもらえるチャンスを得られます。

Word Challengeでは講師とペアになって上記のような形でお互いの手元にある単語リストの説明を行います。

Quick Shot 11:30~

ある写真についての質問に瞬時に答えるトレーニングです.。英会話をしていて何を話そうか考えているうちに時間が立ってしまっていて、相手に続けざまに喋られてしまった経験はありませんか?このトレーニングでは時間をかけずにすぐに質問に答えることで、英会話の”瞬発力”を鍛えます。

日本人は英語で質問された際に、よく完璧な英語で返答しようとして考え込んでしまいます。「これは文法的に合っているのか?」「あれ?この単語どうやって発音するんだ?」と様々な事を考えてしまって会話が止まってしまいがちです。このトレーニングではすぐに英語を発する瞬発力、そして間違ってもいいからまずは喋るというメンタルを手に入れます。

ランチ 12:00~

ランチ中も講師たちと過ごしていただきます。「何を食べてるの?」「自分で作ったの?」などカジュアルな会話を楽しみながらのランチです。

午前中のトレーニングで習ったスキルを使って積極的に会話をする受講者様が多いです。1日10時間のトレーニングですが一時たりとも無駄にする時間はありません。

Impact Introduction 13:00~

午後に入るとダイアログ(対話)のトレーニング中心です。まずは自己紹介のトレーニングです。”How are you?”と聞かれたら”I’m fine thank you, and you?”と答える方が多いのではないでしょうか?残念ながらそれでは覚えてもらえる可能性は低いでしょう。

Impact Introductionでは文字通り”インパクト”を与える自己紹介の仕方、また”How are you?”以降も会話を続けることが出来るようにトレーニングを行います。

Control Conversation 13:40~

この10時間のプログラムで1番重要であり、1番難しいであろう会話をコントロールするトレーニングです。受講者様は気合の入れどころです。

ところで以下のような英会話の経験はありませんか?

  • 相手が何を言ってるのかわからないけど、理解しているふりをする。
  • 相手の会話のスピードが早過ぎて聞き取れないけど、そのまま話させる。
  • なにもわからずにとりあえず苦笑い。

上記のようなことをしていると会話のコントロールは相手に握られてしまいますよね。”英会話”はサッカーにも似ています。自分のボール(会話)は自分で主導権を取らないといけません。野球と違って待ってたら打席(喋る順)が回ってくるわけではないのです。このトレーニングではステップバイステップで会話をコントロールしていきます。

①相手を止める。

日本語ですと、相手が喋っているときに話を止めるというのはマナーとして良くありません。しかし、英語では話が別です。わからない場合は即座に相手を止めましょう。わからないまま相手を止めることが出来なければ相互の理解が出来ずに相手が一方的に話してしまう状況になってしまいます。

多くの受講生様はここで必ず壁に直面します。なんせ我々日本人は相手の話が終わるまで質問はしないように教育されています。しかし、英語圏では勇気をもって相手を止めなければ会話をコントロールする一歩目が踏めません。

②ゆっくり喋ってもらう

相手が知らない単語を発した時、話すスピードが早い時はゆっくり話してもらうようにお願いしましょう。

③明白にする

ゆっくり喋ってもらっても何を言っているのかわからない場合もありますよね?そういった時はもう一度繰り返してもらうか、「それはどういう意味?」などと質問をして明白にしましょう。

ここもしっかりを相手を理解するためにも根気よく確認をしていく必要があります。「何言ってるかよくわからないけど、まぁいいか」では上達することは出来ません。

④確認(要約)する

相手の言っていることを明白にした後は、それが合っているのか確認(要約)をしましょう。

例えば相手が

”I visited Hawaii last year for my wedding”(去年自分の結婚式でハワイに行ったんだ)

と言った場合、

”Oh,  so you went to Honolulu last year?”(お~、ってことは去年ホノルルに行ったんだ?)

と確認(要約)することで相互理解していることを確認することが出来ます。

この時間になるとトレーニング開始から約6時間経過している為、受講生様の集中力が切れ始めるのが見え始めます。しかし、ここはとても重要なパートなので本当に踏ん張りどころです。

What are the benefits 16:10~

物事の良い点を素早く挙げて、会話の瞬発力を上げるトレーニングです。先ほどのControl Conversation④の確認も同時に行う実践的な会話を行います。多くの受講生様はこの時間には英語に対する恐怖心は完全になくなっており、アグレッシブに英語を発話される様がよく見受けられます。

このトレーニングでは例えば

“What are the benefits of drinking beer? ”(ビールを飲むことの良い点は?)

というお題の場合、まず講師が

“Benefit of drinking beer is that you can relax”(ビールを飲むことの良い点は、リラックス出来ること)

と返したとします。受講生様は直ちに確認を行います。

“Yeah, drinking beer makes me relax.” (そうだね、ビールを飲むとリラックス出来ます。)

そして続けて別の良い点を述べます。

“Also you can enjoy it with your friends”(更に、友達と一緒に楽しむことができますね)

このようにリズムよくお互い良い点を出し合うトレーニングですが、最初はなかなか上手く行きません。相手の意見を聞きながら次の自分の意見を考えなければいけないので、より一層集中力が求められます。

Pros/Cons 17:00~

物事の良い点と悪い点をたくさん挙げて、会話の幅を広げるトレーニングです。

この様な経験はありませんか?

—会話開始—

外国人
外国人
Do you like Sushi?

YES
あなた
あなた

外国人
外国人
…………..

—会話終了—

このように質問に対して一言で返してしまって会話が止まってしまう方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

グローバル環境(英語環境)では、何事においても”理由”がとても重要です。この”理由”が話せないと、いくら英単語を知っていても、文法を理解していても英会話は続きません。

Pros/Consでは”理由”をスムーズに話せるように、物事の良い点と悪い点をたくさん挙げ、トレーニングを行います。

例えばお題が

”What are pros and cons of drinking beer?”の場合

受講生様は直ちにビールを飲むことの良い点、悪い点を挙げます。

“Pro of drinking beer is that you can relax ” (ビールを飲むことの良い点はリラックス出来ること)

“Con of drinking beer is that you get drunk too bad if it’s too much”(ビールを飲むことの悪い点は飲み過ぎると酷く酔ってしまうこと)

この様な形でたくさんProとConを制限時間内に挙げていきます。

Elevator pitch 17:30~

お題に対して自分の意見を短時間で整えて伝えるトレーニングです。

以下の例文をご覧ください。

”I could not go to the Piano concert yesterday although I really wanted to go.”

(直訳:私、行けなかった、ピアノコンサートに、昨日、けど、私、本当に行きたかった。)

”昨日、本当に行きたかったんだけど、ピアノコンサートに行けなかった”

(直訳:Yesterday, although I really wanted to go, [I] [the Piano concert] [go] [NOT])

このように日本語と英語の大きな違いの一つが、”結果”の場所の違いです。

この英語の形で喋ることを身体で覚えなければ言葉を上手く伝えることは出来ません。

ここでは定まったストラクチャーを利用し自身の意見を英語の形でロジカルに伝えるトレーニングを行います。

Case 18:00~

あるシチュエーションでロールプレイを行います。受講生様は当日習ったスキルを全て使い、プレゼンを行っていただきます。内容はここでは控えさせていただきます。気になる方はいつでも10時間プレミアムオンラインでお待ちしております。

Mini speech 19:00~

朝のオリエンテーションで行ったミニスピーチのリベンジタイムです。朝と同じ方式でミニスピーチを行い、自身の変化を確認します。

多くの受講生様は、自身の大きな変化に驚かれます。中には自身の変化に驚いて、泣いてしまう方もいらっしゃいます。

講師と一日何を学んだ事を確認し、10時間にも及ぶトレーニングが終了となります。

いかがでしたでしょうか。今回は10時間プレミアムオンラインの内容を細かくお伝えさせていただきました。今までお申込みに億劫になられていた方の助けになっていれば幸いです。9月お申し込み分も始まっておりますので皆様のお申込みをお待ちしております。

コロナ渦の時期を有意義に!自宅で出来る英語学習法!

こんにちは!ダイエット中のSHUNです。最近は週4日はジムで汗を流しています。

コロナの影響で、自宅など屋内で時間を過ごすことが多くなった方が多いのではないでしょうか。本日はそんな皆さまに、自宅でも出来る英語学習方法をお届けいたします!

 

サブスクリプションを上手に使おう

ここ数年ですっかり私たちのライフスタイルに定着したサブスクリプション。略して「サブスク」と呼ばれるこのサービスは「料金を支払うことで、製品やサービスを一定期間利用することができるサービス」のこと。最近では映画や音楽だけではなく、賃貸、自動車、食材など多くの種類のサブスクがあります。本当に便利な世の中になりましたね。
まずはこのサブスクを上手に使った学習方法をご紹介します。

 

映画は使えるフレーズがたくさん!

NetflixやAmazon Primeなどのサブスクを使って、自宅で映画などをたくさんご覧になっている方は多いのではないでしょうか?そんな映画も見方を少し変えるだけで有効な英語の学習方法のひとつになります。私自身、今でも映画等を観るときに自主的に行っている方法です。

その方法とは、映画を見てキャラクターが喋っているフレーズを覚えて、覚えたことを実際の会話内でトライするというルーティンを繰り返すことです。

まずはどんな映画を観るかですが、実際に自分が英語が必要な場に近いシチュエーションのものを探しましょう。例えば、私は学生時代にはディズニーのハイスクールミュージカルを見ていました。

観る映画が決まったら実際に映画を観る!そのときのポイントは字幕を英語にセットしてひたすら見ることです。少なくとも同じ映画を100回は見ることをお勧めします。そうすると、言葉のパターンやよく出てくるフレーズ、気になる単語が徐々に見つかります。

そうしたら次のステップ、セリフのアウトプットです。これがかなり重要!最初はとても難しいですが根気よく続けましょう。
文を覚えるだけではなく、言葉のリズムなどを身体に染み込ませていくイメージです。
またカタカナで考えてはいけません。子供が言葉を覚えるように、耳に入ってきた言葉を口から出すことが重要です。覚えたフレーズは実際に使ってみましょう。

話し相手が居ないのならイングリッシュブートキャンプの10時間コースでお待ちしてますよ?!

 

洋楽で”音”を身体に染み込ませて

音楽配信のサブスクもたくさんありますが、中でもSpotifyは洋楽に強いことで有名です。洋楽を聞く、歌うことも英語学習になります。何より数分あればすぐに始めることが出来るのも嬉しいポイント。

自身の好きな曲を選ぶのが一番ですが、最初からHip-Hopなどアップテンポの曲ではなく、慣れるまではゆっくりの曲から始めて、少しずつテンポの早い曲に変えていくのがいいでしょう。私は最近エミネムを歌えるように頑張ってます。

歌詞カードを見ながら歌う、もしくはYouTubeに挙がっているLyric Videoを見ながら歌う・・・シンプルに言えばこれだけ。しかし大前提として、前述した通りカタカナで考えてはいけません。
例えばMKTOのClassicという曲のワンフレーズ。”I wanna thrill you like Michael”と歌うときに「アイワナスリルユーライクマイケル」と言うと全く意味がありません。あえてカタカナで表記するとすれば「アイ ウァナ thrill(カタカナ表記不可) ライ クゥア マイクォ」と英語通りに発音する必要があります。
耳でもしっかりと聞いて、発音方法を身体に染み込ませていきましょう。

 

ゲームで練習の成果を試そう!

最後はサブスク以外の方法をご紹介します。

私の学生時代は、ゲームの最中、ボイスチャットが出来ずにキーボードで文字を入力をして外国人とゲーム中にコミュニケーションをとっていましたが、最近はPUBGや荒野行動など、ボイスチャットをしながらのプレーが当たり前になってきています。

様々なゲームがありますが、私がプレーしているのはCall of Duty Warzoneです。4人モードでは不特定の人とチームを組みプレーしていく必要があります。マイクをオフにしている人も多いですが、話しかけると反応してくれる人もいて、初対面の人ともいきなり会話を”しなければならない”というのは、英会話においてとても良いトレーニングです。

ここは実践の場になるので、普段練習していることを全て試しましょう!私がプレーしているゲームでは、タイ人やフィリピン人とマッチングすることが多いです。両者ともネイティブではありませんが、様々な英語を経験するのも英語学習においてとても大切なことです。

 

以上、自宅でも出来る英語の学習方法について、いかがでしたでしょうか?英語の勉強というよりも生活の中に当たり前に英語を取り入れることで英語学習効果はとても向上します。

コロナは大変ですが今だから出来ることで自分のスキルを上げていきましょう!!

10時間PREMIUM ONLINE 9月分予約開始のお知らせとお客様の声をご紹介

こんにちは!EBCスタッフのSHUNです。

8月下旬に差し掛かる時期でもまだまだ35度を超える猛暑日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ロンドンにいたころは最高でも30度にしかならず、30度を超える日も片手で数えるくらい。そのためロンドンの夏は一瞬で終わっているような感じでした。あの頃が懐かしい。。。

さて、先日MIKIがお伝えしました10時間PREMIUM ONLINEですが、本日より9月開催の予約を開始いたしました! (ご予約はこちらから)平日週末問わずご受講が可能です。

そして今回は、実際に受講頂いた生徒様のお声が届いていますのでご紹介したいと思います。

 

わからないこともまずは声に出してみる!

質問された答えが頭に思い浮かばなくとも、とにかく声に出すという意識を身につけることができました。

日本人が英会話の際によくやってしまう行動として、相手が何を言っているのかわからないときに黙って苦笑いしてしまうということがあります。しかしこれでは会話は成り立ちません。
イングリッシュブートキャンプでは、相手の言っていることがわからない時は、”もう一度言ってもらう”、”ゆっくり喋ってもらう”、”どういう意味?”などと固まらずに質問が出来るようになるまで、繰り返し練習するようなプログラムが組まれています。

 

休憩中も有意義な時間を

相槌だけではなく文章もためらうことなくスムーズに言葉が出るようになりました。休憩時間ではインストラクターの方と小話をする時間もあってリラックスできて楽しかったです。他の生徒さんへの気遣いがいらないのでより集中できましたし、講師が2人なので飽きずに楽しくできました。

10時間PREMIUM ONLINEでは1時間に1回の休憩を設けています。疲れている方はカメラとマイクをオフにしてゆっくり休むも良し。休憩時間でも1人の講師が待機してカジュアルな会話を出来るようにしているので、体力に余裕のある方は休憩中の英会話を楽しむも良し。他の受講生様がいないので自分のペースで好きなだけ英会話を楽しむことが出来ます。

 

「英語脳」の取得でレスポンス力アップ!

受講前は日本語で何を言おうか考えてから頭の中で英訳していたので発言までのスピードが遅かったですが、その点が改善されたと思いました。

会話というのはテニスや卓球のようにラリーを繋げていかなければなりません。飛んできたボールが止まったり、ボールを持ちっぱなしにすることはできないので、すぐに返す必要があります。しかし、英会話となると大抵の人が一旦日本語で意味などを考えるため時間がかかりすぎてしまいます。
イングリッシュブートキャンプのプログラムは日本語禁止の長時間レッスンです。1日英語だけの環境で受けていただくため、英語を英語で考える「英語脳」の取得が可能に。英語脳を取得すると会話のレスポンスが各段に向上し、スムーズな会話が可能となります。

受講生様の皆様も各々の課題が改善されたようで、スタッフとしてもとても嬉しく思います。

 

1日で英語が喋れるようになる、ここにしかない1対2のスペシャルレッスン。
空いたお時間に是非いかがでしょうか?