短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

オフィスへの英語の電話の取次ぎ 必須13フレーズ

オフィスへの英語の電話の取次ぎ 必須13フレーズ

オフィスへかかってくる英語の電話。
定型フレーズは、頭で覚えるのではなく掛け算九九のように「口」で覚えてしまいましょう。この記事では、これだけ覚えておけば安心という厳選の13文をいっきに紹介していきます。

1.電話に出たら先ず名乗ろう!

Hyper English Corporation, this is Sato speaking. How may I assist you?

(詳細の記事はこちら)

2.相手の名前を確認しよう!

May I ask who is calling, please?

(詳細の記事はこちら)

3.保留にさせてもらおう!

Can I put you on hold, please? …Thank you.

(詳細の記事はこちら)

4.転送しよう!

I’ll transfer you now… Thank you.

(詳細の記事はこちら)

5.不在だと伝えよう!

I apologize. She is not available at the moment.

(詳細の記事はこちら)

6.帰社時間を伝えよう!

She’ll be back in the office by 3:00 o’clock.

(詳細の記事はこちら)

7.メッセージを受け付けよう!

Would you like to leave a message?

(詳細の記事はこちら)

8.折り返し電話が必要か聞こう!

Would you like her to call you back when she returns?

(詳細の記事はこちら)

9.電話番号を聞こう!

Can I have your name and number please?

(詳細の記事はこちら)

10.電話番号を復唱しよう!

Let me repeat that. 012 3456 7890.

(詳細の記事はこちら)

11.スペルを確認しよう!

Could you spell that for me, please? So. A as in America, B as in Brazil,

(詳細の記事はこちら)

12.折り返す旨を伝えよう!

I’ll have him call you back as soon as he returns

(詳細の記事はこちら)

13. 丁寧に電話を切ろう!

Thank you very much for calling. Have a nice day!

(詳細の記事はこちら)

それでは、電話シリーズの13文、まとめて、

Let’s Hyper Now!

今日のフレーズ |【電話の取次ぎ まとめ】

本シリーズは「オフィスでの電話の取次ぎ」です。
オフィスでの電話対応での丁寧な取次ぎは、社会人としては当たり前の所作です。新人のころは何度も練習して体で覚えたかと思います。英語も同じです。何度も何度も繰り返して覚えましょう。「電話の取次ぎ」シリーズでは、これだけ覚えればプロフェッショナルな電話の取次ぎができる、という厳選した13文を1文1文記事と練習動画で紹介していきます。音楽に乗ってノリノリにハイパーに繰り返し、自分のものにしてくださいね!