短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

一度は見てみたい世界の一風変わった年越しイベント5選!

一度は見てみたい世界の一風変わった年越しイベント5選!

イングリッシュブートキャンプスタッフのRYUです。

皆さんは毎年の年越しの瞬間をどのようにお過ごしでしょうか?

私は家で蕎麦を食べながらテレビを見て過ごすのが習慣となってしまっていますが、
たまには一風変わった新年の迎え方もして見たいものですね!

今回は世界の大晦日に行われるイベントについて調べて見ました!
個人的にこれは凄い!と思った5つのイベントをご紹介致します。
人生で一度はこのような特別な年越しを経験して見たいものです!

ヴェネツィア

■年越しの瞬間に7万人がキスをする!?

hostelsclub.com

世界各地から7万人が集まるというヴェネツィアのサンマルコ広場の年越しカウントダウン。
その特徴は集まったカップルや家族が年越しを一斉にキスで祝福するのだそうです。
0時になった瞬間に普通は『ワーッ!!』っとなりそうですが、みんなキスをしているので静かに新年を迎えるそう。
さすがはイタリアって感じでおしゃれですよね!
ちなみにSNSでのユーザーアンケートにて「世界一変わった年越しの習慣」の第一位に選ばれたこともあるみたいです。

タイムズスクウェア

■総重量1トン以上の紙吹雪が舞い散る!

andmine.com

ニューヨークの中心地であるタイムズスクエアで大晦日の日に行われるカウントダウンイベント。
1904年から続くイベントでこちらも世界各国から約100万人以上の人が参加すると言われており、規模としては世界トップクラスになります。
年越しの瞬間には”Happy New year !”の歓喜の声と同時にボールドロップとド派手な量の紙吹雪が舞い散ることで有名です。
また歌手のゲストライブでは毎年超スター級の歌手が登場することも多くの人が集まる一つの理由ですね。
あまりに人が集まる為、夕方5時には会場近くで待機していないと入場制限で近づけなくなるほどだそうです。

ドバイ

■世界で最もセレブなカウントダウン!?

imgur.com

こちらも100万人を越える人々を集める、打ち上げ花火メインのカウントダウンイベントです。
花火のギネス記録を保持しており、なんと6分間に約50万発の花火が打ち上げられるとのこと。
東京湾の花火大会が全部で1万2000発程度ですので、どれだけ圧倒的な数かがよく分かります。
当日はあまりの壮大さに全世界で1,000局以上のチャンネルで生放映されるそうです。
会場の近くでは超一流ホテル「ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイ」の部屋やレストランから花火を鑑賞することが出来、
多くのアラブの富豪達が毎年ここで年を越すそうです。

ルーマニア

■年末は街に大量の熊が出没する!?

dianazeynebalhindawi.com

一体何が起こったのか!?と思ってしまいそうですが、ルーマニアでは年末になると恒例行事として、
本物の熊の皮を被った人間が「クマの踊り(Bear Dance)」という伝統舞踊が行列を作って披露するそうです。
クマの踊りはキリスト誕生以前からこの地域に伝来する太古の伝統舞踊で、死者の一時的な帰還を祝うために行われています。
ルーマニアにおいて熊は神聖なる動物とされており、家や農場から悪魔を追い払ってくれる役目を果たすそうです。

ドイツ

■野外パーティーとしては世界最大級!

Berlin-Enjoy

ベルリンでのSilvesterparty am Brandenburger Tor(大晦日のパーティー)は大晦日の屋外イベントとしては世界最大規模。
去年はなんと約100万人がヨーロッパ中から押し寄せて大晦日の夜中をパーティーで過ごしたそうです。
イベントの内容はまさにパーティーで、多数の有名アーティストによるライブコンサートや花火、
年明けからは有名DJが入って野外クラブ化し、明け方までパーティーが続くようです。
また会場内には世界各国の飲食の屋台も出ていて、もちろんドイツビールも飲めます。
パーティー好きとしては最高の年明けになるかもしれませんね。

以上、世界各国の変わった年越しイベントでした。
どれも人生で一度は経験してみたいものですね!