短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

死ぬまでに一度は行きたい世界のキャンプ場5選

死ぬまでに一度は行きたい世界のキャンプ場5選

キャンプしたい願望の強いインドア派のRYUです!

そろそろ暖かくなってくる季節になると、ふと

「そろそろキャンプしたい!」

という話が持ち上がりますよね。

そこで、世界には一体どのようなキャンプ場があるのか調査致しましたので、
個人的に「一度は行ってみたい!」と感じたスポットをご紹介したいと思います。

Hurunui Jacks(ニュージーランド)

まずはキャンプの聖地とも言われているニュージーランドです。

こちらはグランピングと呼ばれる、既に用意されたおしゃれなコテージに泊まるキャンプの一つです。
キャンプはしたいけどテントの準備とかが面倒!という方に持って来いかもしれません。
それでいてかなりリアルな自然に囲まれて生活できるなんてまさにキャンプのいいとこ取りですね。

POINT MUGU STATE PARK(アメリカ)

圧倒的な自然を有する国アメリカにも素晴らしいキャンプ場がたくさんあります。

こちらは綺麗な海の砂浜でキャンプが出来るスポットです。
こんな場所で夜にキャンプファイヤーなんてやった時には、まるで海外ドラマ「LOST」の主人公達のように、
まるでこの島には自分たちしかいないようなロマンチック体験が出来そうですね。

Avalon Steppes(トルコ)

これを見た瞬間に、映画「ビッグフィッシュ」のワンシーンに出てくる、一度入ると靴を取られて出れなくなってしまう
楽園の町を思い出しました。

緑があふれるおしゃれな空間で毎日優雅にアフタヌーンティーを飲んで過ごしていたら、
もう一生ココに居たいとなって本当に帰れなくなりそうです。

HINTOK RIVER CAMP(タイ)

アジアにも素晴らしいキャンプ場はたくさんあります。

川のそばにいくつものコテージが連なった幻想的なキャンプ場です。
プカプカと浮いているコテージの上で川のせせらぎを聴きながら寝ていると、
まるで普段の喧騒なんて一気に忘れ去られてしまいそうです。

そして日本にも一度は行きたいキャンプ場は存在します!

English Boot Camp(日本)

東京都内で海外留学体験を味わえる知る人ぞ知る有名なスポットです。

ここでは滞在中は一切日本語禁止で、たったの2日間で英語を喋れるを約束しているそうです。
いきなり海外のキャンプ場に行って英語で困らないように、まずはこのキャンプに行ってみるのが正解かもしれません。
私としては最もイチオシ!したいキャンプ場の一つです。

以上、RYUの死ぬまでに一度は行きたい世界のキャンプ場5選でした。

。。

。。。

。。。。えっ?

いえ、事実です。
(RYU調べ)