短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

本場で食べたい郷土料理 | 世界の名物料理10選

本場で食べたい郷土料理 | 世界の名物料理10選

スタッフのRYUです。

最近は少しずつ肌寒い季節になり、この時期になると食欲が急に湧いてきますね。

せっかくだから美味しいものを食べたいのですが、世界には一体どんな美味しい料理があるのでしょうか?

個人的に今すぐ食べたい世界の郷土料理10選をまとめてみました。

プーパッポンカリー | タイ

タイを代表するシーフード料理で、適度に揚がった上海蟹にカレー風味のソースが絶妙な一皿。
生みの親とされる老舗「ソンブーン」のプーパッポンカリーは最高で、私もタイに行った時に2夜連続で行ってしまった程。

アイスバイン | ドイツ

塩漬けの豚すね肉を、タマネギ、セロリなどの香味野菜や香辛料とともに数時間煮込んで作る料理。
Eisbein という名前は、もともとラテン語の os ischbeen(坐骨)からきており、氷のアイスとは関係ありません。

フランセジーニャ | ポルトガル

ポルトガルが誇るB級グルメ「フランセジーニャ」は、訳すと「フランスのお嬢さん」という意味になります。
ハム、ソーセージ、チーズ、目玉焼きなど様々な食材を詰め込んだ見た目にも美味しい料理です。

プーティン | カナダ

フライドポテトにグレイビーソースと粒状のチーズをかけたカナダを代表するファーストフード形式の食べ物。
カナダ国内では、マクドナルドやケンタッキー等のファストフード店でも販売されています。

グヤーシュ | ハンガリー

ハンガリーの母親の味的存在のグヤーシュは、家庭によって味や材料も異なるそうです。
基本はポトフに似たようなレシピですが、必ず入っているものはスパイスパプリカとビーフです。

ファヒータ | メキシコ

牛肉や鶏肉、豚肉などとタマネギやピーマンを鉄板で焼き、ワカモレ、サルサ、トマトを等をつけあわせてトルティーヤに乗せて食べる料理。
初めて上司の家に招待された時にこのファヒータが出てきた時は思わず「おしゃれ!」と言ってしまいました。

ムール・フリット | ベルギー

蒸したムール貝とフライドポテトのセットをメインとする代表的なベルギー料理です。
白ワイン蒸しがスタンダードですが、ビール蒸しやガーリック蒸し、また様々なトッピングでムール貝を楽しむ事が出来ます。

エンパナーダ | アルゼンチン

エンパナーダとは具入りのパンの事で、覆うまたは包むという意味のスペイン語の動詞「empanar」から派生しました。
餃子が大きくなったような見た目で、中身にはツナ、イワシ、チョリソ等を使うことが主流のようです。

ドルマ | トルコ

ドルマは米、タマネギ、挽肉、香味野菜などを混ぜ合わせたものを、キャベツの葉やブドウの葉で包んだ辛味の効いた料理です。
仕込みに大変な手間と時間がかかるため、家庭では特別な時に用意するような料理だそうです。

バッファローウィング | アメリカ

アメリカで食べたいものといえばもちろんバッファローウィングですね!甘辛酸っぱいソースが癖になります。
ちなみにイングリッシュブートキャンプ主宰のジェネラル児玉氏は、過去にアメリカのバッファローウィング調理選手権で優勝した異例の経歴があります。

以上、食欲の秋に本場で食べたい世界の郷土料理でした。
全部食べたいですね!