短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

なぜ日本人はアメリカのコメディで笑えないのか?浮かび上がってきた2つの理由。

  • TOP
  • スタッフブログ
  • なぜ日本人はアメリカのコメディで笑えないのか?浮かび上がってきた2つの理由。

なぜ日本人はアメリカのコメディで笑えないのか?浮かび上がってきた2つの理由。

スタッフのRYUです。

今回は日本とアメリカの笑いの文化の違いについて真剣に考えていきたいと思います。

皆さんはアメリカのコメディドラマの『フルハウス』や『フレンズ』などを見て、

・笑いどころが良く分からない
・なぜ今のタイミングで観客の笑い声が入るのか分からない

なんて状況に陥ったことはございませんでしょうか?

私はお笑いが非常に好きで、M-1グランプリにアマチュアとして3度出場した経験もあります。
もちろん見るのも大好きでマニアと言ってよいほどのコメディ好きです。
学生時代にはダウンタウンがなぜ面白いかについて、同じビデオを何度も見直したりして研究をしていた程です。

しかしそんな私でも、唯一理解不能なのがアメリカのコメディドラマです。

一体なぜ笑えないのか?

私の笑いのレベルが足りていないのか?
アメリカコメディのレベルが低すぎるのか?

この問題は放ってはいけないと考えまして、様々な方の意見を参考にしながら自分の考えをまとめましたところ、
たった2つの理由に収束しました。

コンテクストの壁による要因

コンテクスト(文脈)とは、文化学者のホール氏によると、その言葉が直接持つ意味とは別にさらに共通意識として付加されている情報のことです。
例えば『大阪のおばちゃん』という言葉が指す意味は、直接的には『大阪在住の女性』という意味しか持ちませんが、
さらにそのイメージから『元気な、押しの強い、おしゃべりな、よく笑う』といった情報も伝わります。
しかし外国人に『大阪のおばちゃん』と伝えても『大阪在住の女性』という意味しか持たず、それ以外の情報は一切持たない言葉になります。

すべての国がそれぞれこのようなコンテクストを持っていると言われています。
そして日本の笑いはこのコンテクストと非常に密接な関係にあると言えます。

特に日本人が大好きな『あるあるネタ』はまさにその象徴とも言えます。
『あるあるネタ』は当然ながらコンテクストを共感している者同士だから笑えるのです。
しかも日本という国は使用する言葉も一つしか無い、皆とても似た文化的バックグラウンドを持つ国民であります。

さらにホール氏によると、日本という国はこのコンテクストの量が世界的に見ても非常に多い「ハイ・コンテクスト」の国なのです。
そんな日本のお笑いはこの「コンテクスト」を存分に活用したものになっています。例えば我々日本人が大好きな『あるあるネタ』は当然ながら「コンテクスト」を共有したもの同志だからこそ笑えるものです。「コンテクスト」依存の日本のお笑い、そういった構図になりますね。
その為、お笑いも非常に多くのコンテクストを含むようになり、むしろコンテクストの量が多いものほど高度なお笑いとして評価されています。

一方で、ホール氏によると日本よりもコンテクスト度が低いと言われるアメリカで考えたらどうでしょうか?様々な人種と言葉を持つ人々が住むコンテクストの量が日本より低いアメリカ。当然、お笑いも「コンテクスト」に依存しにくい構図となるはずです。
日本とは逆に、大衆に受け入れられるためには、コンテクスト依存から脱却していく必要があります。
このようにコンテクストの視点で見てみると日本とアメリカのお笑いは180度違うものになるのです。

笑いのあり方による要因

アメリカ出身の芸人であるパックンマックンのパックンが言うには、アメリカのお笑いには3つの基本形(政治的なネタ、性的なネタ、そして、田舎者のネタ)があり、一方で、日本ではこのようなネタが笑いとしてテレビで扱われることはあまりないとのことです。
このような問題に対して笑いにすることは難しいですし、あえてリスクを取る必要は無いのでしょう。

またパックンによると、公衆の前でジョークをいう政治家は、日本に比べてアメリカは圧倒的に多いとのこと。例えば現職のオバマ大統領も公の場でウィットの効いたジョークを飛ばしていますよね。パックンは、アメリカではジョークを言えない人間は政治家などの権力者にはなれないとまで言っています。
日本では、逆に、人前でジョークを飛ばそうものなら、不謹慎・不真面目などと捉えられる危険性が高いのではないでしょうか。

これらから察するに、日本にとっての笑いとは「娯楽」「おバカなことをしている」と割り切られる性質の高いもので、政治家等が公衆の面前で語る、いわゆる「真面目な場」とは相入れないもののように感じています。
一方でアメリカ人にとっての笑いとは、「ユーモア」とか「ウィットの効いた」とかいう言葉で形容される「知的」な匂いを含んだもので、それが故に政治家等も使えるもの、そういった違いがあるのではないでしょうか。

これらの2つの要因が、アメリカのコメディドラマで笑えないという問題を引き起こしているものと私は考えます。
アメリカの笑いのレベルと日本の笑いのレベルがどちらが高いか?などという議論が発生することも有りますが、
こういった理由でそもそも両者を比較することは非常に難しいものなのではないでしょうか?

コンテクストに依存しないコメディの笑いを理解できるようになることがグローバルパーソンへの第一歩。
そういった目標として設定することも出来るかもしれません。