短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

イングリッシュブートキャンプ-2018 Kick Off Meeting-

イングリッシュブートキャンプ-2018 Kick Off Meeting-

みなさん、こんにちは!スタッフのYokoです。

先日、Generalこと代表の児玉をはじめ、スタッフ、インストラクターが一堂に会し4時間に及ぶ大ミーティングが開かれました。

ミーティングでは、まずEnglish Boot Camp (EBC)の現状と今後の展望についてGeneralより説明がありました。また、先日の合宿で話し合いの末オフィシャル化された「会社としてのポリシー」や「価値観」、共に働く仲間として求められている事は何かについて共有し、スタッフ・インストラクターが、会社として、また各個人として目指すべき姿を明確化しました。

更にベテランインストラクターによるアクティビティのデモンストレーションや、インストラクターが英語禁止日本語オンリーのJapanese Boot Campに挑戦し受講生体験をした後、受講生としての見解を発表し合うなど、一同はまた一層EBCについて理解を深めました。

後半は、数何時間かけての活発な改善討論会となりました。プログラム内容や受講生に提供するサービスについてはもちろんのこと、共に働くスタッフやインストラクターが各アクティビティにより集中できるよう、ルールの再定義をするなど、職場環境づくりについても話が及びました。

個人的には、この度会社のWorking Philosophyとして加わった“Iki(粋)”について話し合った時間が非常に特別だと感じました。そもそもIkiとは何なのか、どのような様がIkiなのか、EBCではどうやってIkiを実践することができるのか等の議論を通し、様々なバックグラウンドを持つインストラクターが、この日本独特の言葉について思いを巡らせました。様々な要素を含む「粋」ですが、今後いろいろな形でEBCのオペレーションにも浸透させていきたいと思います。

日頃EBC開催中は、インストラクターとゆっくり話をする時間がなかなか取れませんが、この日は各インストラクターが「受講生のためにこうすべきだ」「こうしたらもっと良くなる」と熱心に語っているのを見て、それぞれが如何に受講生にのために親身になって日々取り組んでくれているのかということを感じ嬉しく思いました。

白熱したミーティングのあとは、我々の大切な仲間であるRyuとその奥様のご結婚をお祝いするサプライズパーティが開かれました!お二人の幸せそうな笑顔でみんな嬉しい気持ちでいっぱいになった夜でした。