短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

覚えておきたい焼鳥英語 | 鶏肉の部位の英語名と名前の由来について

  • TOP
  • column
  • 覚えておきたい焼鳥英語 | 鶏肉の部位の英語名と名前の由来について

覚えておきたい焼鳥英語 | 鶏肉の部位の英語名と名前の由来について

スタッフのRYUです。

居酒屋の定番メニューとして欠かせない「焼き鳥」ですが、そのメニューの呼び名は部位によって様々です。
もし外国人の方と「焼き鳥」を食べているときに、

「このチキンは美味しいですね、どこの部分ですか?」
と聞かれた時に、意外と英語での説明が難しいのが焼き鳥です。

そこで今回は主要な鶏肉のメニューを英語でサラッと説明する表現をまとめてみました。

とりもも『chicken thigh』(チキンタイ)

太もも=thighですが2本あるのでthighsになります。

ささみ『chicken breast』(チキンブレスト)

ささみは胸肉ですので、胸=breastとなります。

せせり『chicken neck』(チキンネック)

動物の肉としては珍しいですが首の肉=neckになります。

ぼんじり『chicken tail』(チキンテイル)

お尻あたりの部位になりますので、尻尾=tailとなります。

かわ『chicken skin』(チキンスキン)

皮=スキンになります。ジューシーでビールのつまみにピッタリです。

レバー『chicken liver』(チキンリバー)

牛と同じく、肝臓=リバー。「レバー」よりも「リバー」の発音が近いです。

ハツ『chicken heart』(チキンハート)

ハツの語源は心臓=ハートから来ています。

砂肝『chicken gizzard』(チキンギザード)

砂肝は鶏が持つ第2の胃袋=gizzardになります。

手羽先『chicken wings』(チキンウィングス)

鶏の羽の部分になりますので、翼=ウィングになります。

以上、焼き鳥の部位の英語表現とちょっとした豆知識でした!

焼き鳥食べたいです!