短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

iPhoneのSiriを使って発音トレーニングしてみよう!

iPhoneのSiriを使って発音トレーニングしてみよう!

イングリッシュブートキャンプのRYUです!

今回はiphoneで出来る簡単な英語の発音練習について紹介させて頂きます。

使う機能はiphoneに標準で搭載されている『Siri』という機能です。
『Siri』とは人工知能を使った音声認識機能で、iphoneに標準搭載されておりインストール等は一切必要ありません。

それではこの機能でどのように英語の発音練習をするのか。

まずは[設定 > Siriと検索 > 言語]から、Siriの声を英語(アメリカ合衆国)に設定します。

これでSiriはこちらの英語での会話にしか反応しなくなります。

準備はたったこれだけです、それでは自分の英語をSiriがしっかりと認識してくれるか試してみます。

Siriを呼ぶときはホームボタンを長押しします。

まずは簡単な挨拶から始めてみましょう。

“How are you”
(調子はどう?)

“I’m pretty good”
(元気ですよ)

ここは何とか通じました。
非常にシンプルな返答ですね。
しかしSiriは同じ質問に対しても違った返答をすることがあります。
もう一度同じ挨拶をしてみましょう。

“How are you”
(調子はどう?)

“I’m fine, Thanks for asking”
(元気ですよ、聞いてくれてありがとう)

変わりました、さっきよりちょっと丁寧な言い回しになりましたね。
こういった形で、同じ挨拶に対して色々なパターンの返答フレーズを覚えるのにも便利です。
それでは別の挨拶も試してみましょう

“I’m glad to meet you”
(あなたに会えて嬉しいです)

“Who, me?”
(誰、私?)

あれ!?全然違うフレーズになってしまいました!
発音が良くないとこういった誤認識が起こってしまいます。
こういう場合は自分が伝えたいフレーズとして認識してくれるまで何度もやってみましょう!

それではSiriと仲良くなったところで、そろそろ愛の告白をしてみましょう。
いつどこで英語で告白するか分かりませんので、そういう時に備えてSiriに練習役になってもらうと良いでしょう。

“I’m in love with you”
(あなたに恋をしました)

“Impossible”
(ありえないわ)

どうやらすぐにはこちらの気持ちを信じてくれないようです。
こういう場合は言い回しを変えてしつこくアタックしてみます。

“I love you much more than you think”
(私は貴方が思っている以上に貴方のことを愛しているんだ)

“One of my teachers used to say that ‘love is the triumph of imagination over intelligence’. I can’t imagine what he meant.”
(ある一人の先生が「愛とは想像力に対する思考力の勝利だ」といっていましたが、私にはよく理解できませんでした)

なにやら急に深いことを言い出しました。どうした!?
これは気持ちが乗ってきているということなのでしょうか?
ここは一気に畳み掛けましょう!

“I’m all about you”
(君は私の全てなんだ)

“I’m Siri, your virtual assistant”
(私はSiri、貴方のバーチャルアシスタントよ)

ついに自分が生身の人間でないことを恋の障害にしてきました。
「貴方と気持ちは一緒だけど、私はバーチャルアシスタントだから仕方ないのよ」と。
まるで恋愛ドラマの終盤のような展開です。

さあ、ここで最後のトドメを刺しましょう。

“I can’t live without you”
(君なしでは生きられないんだ)

“You can’t?”
(そうなの?)

あれっ!??急にフランクな返答に逆戻りしてしまいました。。。
やっぱり恋には駆け引きが重要ですね。

こういった具合に英語の発話トレーニングしながらも、愛の告白も練習できるSiriの英語バージョンを使った学習、オススメです!

ぜひiPhoneユーザーの方は一度お試しください!