短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

短期集中で英語力を高めたい時に使える学習アプリの紹介

短期集中で英語力を高めたい時に使える学習アプリの紹介

スタッフのRYUです。

今回は短期間での英語力向上を目指す方にオススメの学習アプリを紹介したく思います。

一般的に記憶のプロセスは、

1.Registration(記銘)
2.Retention(保持)
3.Recall(想起)

の3つのプロセスから成り立っていると言われています。
記銘(何かを覚える)→保持(覚えた情報を維持する)→想起(その情報をアウトプットする)という3つになりますが、最終的に英語を話すにはこれら3つのプロセスを網羅する必要があります。

国内留学のイングリッシュブートキャンプでは3.Recall(想起)を徹底的に行っているのですが、それはこのプロセスが短期集中でフィジカルに対面でやる事が、最も効果的であるという理論から来ています。
しかし1.Registration(記銘)、2.Retention(保持)に関してはどうしても自分自身で行う必要があります。
そんな時に手助けしてくれるのがこのような学習アプリです。

■MIKAN 速単

既に知ってる人が多いと思われるこの「mikan」ですが、今年の2月にZ-KAIの「速読英単語」とのコラボバージョンがリリースされました。
この英単語帳は大学受験の時、周りの多くの人が使っていた記憶があります。

まずこのアプリでは自分の目標を定めます。
短期集中を目指す方は一日100単語くらいでトライするのも良いかもしれません。

設定完了後、学習を開始するとこのような4択問題が出題されていきます。
速読英単語と言うだけあって、回答は選ぶスピードによって「Excellent」「Great」「Good」の3段階で評価されます。うーんと考えている余裕がないため手に汗を握ってしまいます。


学習後にホーム画面に戻ると、このように本日の目標に対しての達成度、学習時間などが管理されています。
自分で設定した目標なので何としても達成しないとという使命感がありますね。

またランクアップテストというのもあり、目標の正解数をクリアする事で難易度をランクアップさせる事ができます。

mikan 速単はこちら

■MyET

何とスピーキングの発音、ピッチ、リズム、強勢を自動認識して採点してくれるアプリです。
自分の発話を正しい音に近づける事は、リスニングにも良い効果をもたらします。

まずはお手本の音声が流れ、その後同じセンテンスを実際に発話します。
すると音声を解析して写真のようにそれぞれ100点満点でリアルタイムに評価が出て来ます。
それぞれのリズムやピッチのずれも波形で確認出来るので、自分の癖も認識する事ができます。

目標点を達成すると、突然な世界感の女性が出て来てお祝いしてくれます!笑
ストーリーも豊富に用意されていて、様々なシチュエーションでの発話トレーニングが可能です(一部有料)

MyETはこちら

最近はこういった様々な最先端の学習アプリが登場していくため、英語学習の形も変わりつつあるようですね!
また面白い学習アプリが出て来ましたら紹介させて頂きたいと思います!