短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

「最新英語学習アプリまとめ2017年度版」

「最新英語学習アプリまとめ2017年度版」

イングリッシュブートキャンプスタッフのRYUです!

秋の夜長に皆様如何お過ごしでしょうか?
読書の秋と言いますが、こんな時期こそ英単語帳の一冊を開いて英語の知識をインプットしたい!
でもまとまった時間がなくて出来ない!
きっとそんな方多くいらっしゃいますよね!

そんな時に役立つのが電車などの隙間時間に手軽にスマホで出来る英語アプリです!
今回は最近流行っている英語学習アプリの中から、アプリ通のRYUが厳選したものを5つ紹介したいと思います!

■どこでもTOEIC

こちらはTOEICのスコアをアップしたい!とお考えの方にぴったりのアプリです。
TOEICの問題集を無料で出来て、しかもその数500問!
回答方法も実際のTOEICに忠実で、回答をマークシート4択の中から選びます。
鉛筆でやるよりタップ一つで出来るので非常に取り組みやすいです。

しかも選択肢をタップして回答すると正解がすぐに分かる上、出題の翻訳や解説も表示されますのでスピーディーに学べます。
また5問、10問、20問と出題数を変えられますので、どんな空き時間にでも取り組むことができます。
正解数に応じて★1〜★3と評価が残りますので、後から効率的に復習することが可能です。

ちょっとした空き時間を利用してTOEICのスコアアップを目指しましょう!

■きこえーご

英単語の一つ一つを様々なアプローチで学習できるアプリです。
単語のアクセント確認、和英でスペル打ち、リスニングでスペル打ち、和訳並び替え、ディクテーションその他といった、様々な機能が揃っていて自分の足りてない部分をピンポイントに鍛えることができます。

またモチベーションを維持する要素として、英語の学習を頑張ると自分の街が発展していくといったシムシティのような要素もあります!
問題を回答するごとに新しい建物をゲット出来たりして、より楽しく英語学習に取り組むことができます!

単語学習やリスニングの強化を狙う人に特におすすめです!

■TOEIC対策支援アプリ:abceed analytics

abceed analyticsは、TOEIC®対策をよりシンプルにすることで目標スコア達成を最短で実現するアプリです!
驚くべき点は実在するTOEIC学習本と完全対応し、それらの音源に対して再生スピード変更機能を兼ね備えていることです。

【対応問題集】
• 公式問題集(新形式対応3タイトル、旧形式Vol.1~Vol.6) – IIBC
• 特急シリーズ(全タイトル) – 朝日新聞出版
• アルク問題集(非公式問題集、究極の模試、やり込みドリル) – アルク
• Yadokari模試(全タイトル) – Yadokari出版
• 学研模試(2タイトル)- 学研プラス

また実際の模擬テストも行うことが出来て、その結果を自動採点してスコア化もしてくれます。
さらにその結果から自分の弱点に基づき、オススメの学習方法をレコメンドしてくれるという、まさに痒い所に手が届くアプリです。

TOEIC学習にどこから手をつけて良いのかお悩みの方にオススメのアプリです。

■Quizlet

以前のブログでも紹介させていただいたこのQuizletですが、単語学習帳アプリとしては非常にユニークな機能を兼ね備えています。
こちらのアプリの利点を5つにまとめると

1、ユーザー管理でいつでもどこでも使用可能
手元のスマートフォンだけではなく、他のPCからでも自分のユーザーでログインする事で、すぐに前回の続きから再開することができます。
2、作った単語帳をユーザー間でシェアできる
自分でわざわざ単語帳を作らなくても、他のユーザーが例えば『TOEIC600レベル』のようなテーマの単語帳を作成していれば、それを使用できます。
現在すでに1億4,000万以上の学習帳が作成されているとのこと。
3、自分に合った様々な方式で学習できる
Quizletには様々な学習方式が用意されていて、一つの単語帳でも色々な使い方が可能になります。
例えば一番オーソドックスな表裏の単語カードから、記述式、音声問題、マッチング、ゲーム感覚のものもあります。
4、先生機能で生徒の取り組み具合を管理出来る
ユーザーは登録時に先生または生徒のどちらかを選ぶことが出来ます。
先生は『クラス』に参加している生徒ユーザー達の取り組み具合や正答率を管理することが出来ます。
5、基本無料で使える
このアプリはほとんどの機能を無料で使えます。
有料版ですと学習帳に音や画像を追加できたり、サポートがついたりするようですが、無料版でも全く困ることなく使用できます。(有料版は生徒:$19.99/年間)

イングリッシュブートキャンプのジムでも実際にこのアプリを取り入れています。

■金のフレーズ2

TOEIC攻略の英単語学習本として知る人ぞ知る「金のフレーズ」のアプリ版です。
オリジナルの「金のフレーズ」単語帳は、私たちも生徒さんにオススメしているくらい最短の時間で必要な単語学べる内容になっています。
ただなかなか本を普段から持ち歩くのは大変ですので、こういったアプリ版になっていることはとても助かりますね。
実際の本と違い、アプリ版ならではの機能は以下になります。

1、聞いて覚えられる
アプリ版では単語すべての英単語/語義/例文の音声を搭載しています。
音声データは各グループごとや単語帳で絞り込んだ英単語をまとめて順番に聞いていく事が出来ます。
さらに英単語や例文をゆっくり聞けるように再生速度の調整機能もあります。

2、書いて覚えることが出来る
ステップ3のテスト問題を手書き入力で回答する事が出来ます。
手書きで回答する事で「書いて覚える」ことができ学習効率も向上します。
また、キーボードでの解答も選択できますので、手描き以外にもスペルを覚えて解答することができます。

3、単語帳で自習
単語帳ではタップして単語の意味やフレーズを確認し、音声を聞いてその発音を覚えることが出来ます。
また単語ごとにマーカーを付ける事が出来ますので、重要単語や間違えやすい単語を後でチェックことが出来ます。
単語帳ではフレーズや語義での検索や、テスト結果やマーカ、番号での絞り込みを行えるので復習がとてもスムーズになります。

以上、RYUが厳選した2017年度版のオススメ英語学習アプリでした!
是非ご自身に合ったアプリを見つけてみてください!