短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

英語学習者へのメッセージ

こんにちは、Tonyです。

今回は英語の学び方について書かせて頂きます。

これまでお会いしてきた英語学習者の方の多くは、英語を使ってコミュニケーションを取れるようになるには英語の知識(単語・熟語・文法等)がまだまだ不足していると思っておられるように思います。

しかしながら、実際には高卒の方なら少なくとも中学からの6年は、また大学や職場等で更に勉強を続けられている方もおられます。外来語としても随分と入ってきて日常的に使っておりますので、英語を知らないと思いながらも既に一般的な英会話をやりくりするには十分な英語の知識を持たれている方がほとんどだと感じております。

そのため、新たな知識をインプットするよりも、実際にどうやって英語を使うのかアウトプットをされてみるのが良いのではないかと思います。

日本の英語教育ではこれまで読み書きを中心とした訓練がされてきたことや日本人の多くが「正しい英語」を話そうとして間違えると恥ずかしいと思う文化に育ったこと、日本国内で英語を話す機会が少ないことから多くの方が話すことについて訓練されていないように見受けられます。

英語は実技ですので、机で勉強するのではなく、完璧な英語でなくてもいいので実際に話してみること(put into practice)が大事だと思います。

私がアメリカの企業に勤めていた頃、日本企業にお勤めになられている日本人の方々とも数多く商談しました。その中で英語コミュニケーションの観点から商談の取り進め方が急速にうまくなられた方々がおられました。その方々に共通していたことは何度も商談をこなしているということです。

英語での商談の中でネイティブが使う上手な言い回し(知識)を覚えられたという点もあるかと思います。しかしそれ以上に、実際に試行錯誤する中で、身振り手振りを含め相手の心をいかに掴むかということを、身体で覚えられたように思います。

最後になりましたが、英語学習を志す皆様には、実際に英語を話す機会に積極的に飛び込まれ、ご自身の英語力を伸ばしてグローバライズされた環境で大いに活躍されることを願っております。英語は必ず誰でもできるようになります。

私もイングリッシュブートキャンプのインストラクターとして皆様に貢献できますよう精進したく存じております。

Tony