短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

英会話の苦手意識がなかなか消えない本当の理由【9】 出だしから『わたしは小者ですから』となっている

  • TOP
  • スタッフブログ
  • 英会話の苦手意識がなかなか消えない本当の理由【9】 出だしから『わたしは小者ですから』となっている

英会話の苦手意識がなかなか消えない本当の理由【9】 出だしから『わたしは小者ですから』となっている

「英語なんて話せない!」と苦手意識を感じている方。イングリッシュブートキャンプという短期集中のプログラムを運営してきた私達が学んできた、英語の苦手意識を払拭し「話せる!」まで到達する実践的な手法を12連載で紹介させて頂きたく思います。

相手の大切な時間をこちらに振り分けてほしい私たちにとって、自己紹介は相撲の立合いのように高い集中力をもって全力であたりたい事柄です。

ここで相手を圧倒して一気に相手の心を掌握し、相手のアテンションを獲得したいものです。

しかし、残念ながら、多くの日本の方は攻めるどころか出遅れているように見受けられます。
オドオドしたり、変に卑屈になったり、なんとかことなきを得て、できるだけ手短にやりすごそうとします。 常に忙しい私たち人間は、出会う人全員と密な関係を築くことなどできません。

ですので、自ずと「大切な人」と「そうでない人」をフィルターしていませんでしょうか。

自信のない自己紹介は「私はあなたの大切な時間をいただくには及ばない小者です」といっているようなものかもしれません。

最初からそれでは、どれだけ基礎英語力が高くても、会話が上手に運べるわけがありません。会話は思うように弾まず、またまた英語の苦手意識だけが残ってしまうかもしれないのです。

自己紹介のポイントは2つです。

(1) 自信を見せること

(2)相手へ の興味を見せること

まず自信ですが、「俺はこんなにすごいんだ」と虚勢を張る必要はありません。
多くを語る必要もなく雄弁である必要もありません。
自信は、次の3つで物理的に見せていきたいものです。

1. 強いアイコンタクト
第3話でもみましたが、強いアイコンタクトは自信の裏返しです。

2. 自信のある声
第5話でも見た通り、ゆっくり喋っても全然OKなで下腹に力を入れ響く声を出します。

3. 強いグリップの握手
なよっとした弱い握手ではなく、強めのスパイスの効いた握手で一気に相手の心もつかみましょう。

そして、もう1つとても大切なのが、相手への興味を示すこと です。

『人を動かす』などの歴史的大ベストセラーの著者デール・カー ネギー氏をはじめとした人間の行動原理やコミュニケーションを 研究している賢人たちは、この『人はだれしも自分のことをわかってほしい生き物』という点に大きく着目してきました。

アメリカの心理学者であるアブラハム・マズロー氏の有名な「マズローの欲求5段階説」では、人のモチベーションを向上させる ために考えるべき人間の5段階の欲求を定義していますが、人間 にとって最も高次元の「自己実現欲求」(創造的活動をしたいと いった自己の能力を引き出したい、という欲求)というものを駆 り立たせるためには、「尊厳欲求」という人の欲求を満たすこと が必要であると説いています。尊厳欲求とは、「他の人に尊敬されたい。認められたい」という欲求です。つまり、「人に認められたい」「人にわかってほしい」と常に周りからの認知を求めているのが人間なのです。 ですから、最強の自己紹介では、相手への興味を明示的に示します。

「ああ、この人、自分には興味ないな」ということであれば、また、パタンと心のドアは閉まってしまいます。一方で、「この人、自分に興味を持ってくれている」とわかれば、もっと 話したいという欲求が芽生えます。自分の時間をあなたに振り分けようかとなるわけです。 相手への興味を明示するには以下の2つが有効です。

1. 満面の笑顔
ニカッと音が鳴るくらい大きな笑顔で相手を照らしましょう。 これが馬鹿になりません。

2. 適度なアイスブレーク
アイスブレークとは、まさに氷を砕くという意味。会ったばかりのときに流れる固い空気をほぐし、場を温め本題に入る前に心 のチャネルを通わせる素地をつくる行為です。これをおろそかに すると、相手は「なんだいきなり仕事の話か。自分に興味を持ってくれていないのか」となってしまいます。

上記のように積極的に「自信」と「相手への興味」を見せるこ とで自己紹介時からポールポジションを奪っていきましょう。

自信のある自己紹介については、以下の動画もぜひ参考にしてみてください。実際の動きもわかるかと思います。

『自己紹介から話しやすい環境をつくろう』

続いて、練習方法はこちらです。

インパクトのある自己紹介の練習方法