千と千尋のセリフを英語で見てみる

千と千尋のセリフを英語で見てみる

みなさんこんにちわ。本日もEBCの教室からお届けしております、メガコーヒー3杯目に手を付けたばかりのSHUNです。

教室前のローソンでメガコーヒーを買って教室に向かうのがルーティンの私はきっと店員さんから「メガコーヒーマン」と覚えられていることでしょう。

さて、昨日はTVで千と千尋の神隠しがやっていましたね。千尋もそうですが、個人的にはカオナシ派です。(視点がおかしい)

 

 

Spirited away

まずはタイトルから。

英語ではSpirited awayと呼ばれます。

直訳すると「神隠し」になります。日英訳の間でタイトルが省かれたり追加されたりするのはよくある話で、「アナと雪の女王」なんかのオリジナルタイトルは「Frozen」だったりするので結構ややこしいですよね。

Let me work here, please!

湯屋に潜り込んだ千尋が湯婆婆に言う「ここで働かせてください!」を英語で言うとこうなります。

この「Let me ~」=~させてください。と言うのは日常でもとてもよく使う言葉なので覚えていて損はないですよ。

例:Let me go home.(家に帰らせてください)

例:Let me explain this.(私に説明させてください)

例:Let me buy you a drink.(一杯おごらせてください)

えんがちょ!えんがちょ!

「えんがちょ」は日本の文化(?)なので英語に直訳することはできません。

今回調べてみると以下のように訳されていました。(たくさんある訳の一つです。)

「You killed it? Those things are bad luck. Hurry, before it rubs off on you! Put your thumbs and forefingers together. Evil, be gone!」

(殺したのか?それらは不吉な物じゃ。急げ、自分に降りかかる前に!親指と人差し指を合わせて。邪悪なもの、消えろ!)

劇中では「えんがちょ」の説明は当然されていないので英語圏の方も不思議に思ってみてたみたいです。

Hand Gesture in Spirited Away

 

いかがでしたでしょうか?

ストーリーを理解しているもので英語を勉強するととっても勉強がはかどりますよ!

EBCのYoutubeを見てもらえると皆さんご存じの桃太郎のシャドーイングがあるので是非見てみてください!

それではっ!