短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

第8回「日帰りスピーキング突貫工事」レポート!

第8回「日帰りスピーキング突貫工事」レポート!

こんにちは、スタッフのRYUです。

先週末はイングリッシュブートキャンプ1日コース「日帰りスピーキング突貫工事」を開催してきました!
今回は大反響の為早々と予約数が定員に達し、ご参加出来なかった方には大変ご迷惑をお掛けいたしました。
来てくださった皆さまには日本語禁止環境とイングリッシュブートキャンプの世界観にどっぷりと浸かって頂き、大変楽しんで英語でのコミュニケーションに熱中されておりました。

毎回大好評で終えるイングリッシュブートキャンプですが、参加して頂いているは皆さまにどういった印象を持って頂いているのでしょうか?数ある英語学習プログラムの中からイングリッシュブートキャンプをお選び頂ける理由はどこにあるのでしょうか?
プログラム終了直後で熱気の冷め止まらぬ中、受講頂いた一人の方にご質問させて頂きました。

vlcsnap-2015-01-26-15h08m51s102

■20代女性(教師)の方へのご質問

Q、今回この1日コース「日帰りスピーキング突貫工事」に参加しようと思ったきっかけは何でしょうか?
A、英語を喋ることを諦めていたのですが、仕事で必要になってしまい喋れるようになることが必須になりました。しかし自分で勉強することが難しく週1の英会話教室などでは継続出来ないと思い、この一日中日本語禁止の強制環境を求めて参加を決意しました。

Q、英語を喋るのが苦手だと思うのはどういった時に感じますか?
A、海外の人に話しかけられると緊張して言葉が出なくなってしまい、道を聞かれる程度の会話でも慌てて喋ることが出来なくなり、分かりませんと答えてしまうことがほとんどでした。

Q、苦手意識は改善されましたか?また今後はどういった学習をしていきますか?
A、喋るときの緊張感はだいぶ無くなったと思います。今後はとにかく喋ることが重要ですので、そのような場を積極的に作りたいと思います。もっと表現力などを高めて英語に自信を付けたいです。

イングリッシュブートキャンプに来ていただける方は、長時間の日本語禁止環境による濃密な英会話トレーニングに魅力を感じて頂いている方が多いようです。仕事などで継続が難しい方にとっては週末1日だけで10時間以上もの英会話トレーニングを受講出来るプログラムはとても魅力的ですよね。直近に海外出張や海外旅行を控えていて、すぐに喋れるコツを掴みたいと考えている方にもおすすめです。

また英語の苦手意識について、喋るのが恥ずかしいという意見の方は多くいらっしゃいます。実際私自身も喋るときに、「この人の英語は変だなって思われてないかな?」と心配になります。しかしイングリッシュブートキャンプはたくさん失敗するための場所です。失敗しても大丈夫なんだと分かったとたん、喋るときの恥じらいはすっと無くなっていきます。
そのようなお悩みを抱えている方にも良いリハビリとなるプログラムと言えます。

DSC03986
次回は2/7-8に行われる初の都内2dayでのインタビュー記事を予定しております!お楽しみに!