短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > スタッフブログ > レストラン接客英語 16選

レストラン接客英語 16選

こんにちは。

イングリッシュブートキャンプ、日本語スタッフのYUです。

気づけば2019年も残すことろあと半分。2020年の東京オリンピックもあっという間にやってきますね!

最近では海外からの観光客数もすごく増えてきていますが、飲食店での接客中に、

「英語がわからなくて大変!」なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、

  1. ベーシックな接客英語
  2. 国別、接客・サービスの違い
  3. 料理の説明

の3回に分けて、レストランでの接客に役立つ英語と豆知識をご紹介していきたいと思います。

今回は、「レストランで働くときに使えるベーシック接客英語(アメリカ英語)」編です!

私は、アメリカの大学に行っていた約5年の間に、数か所のレストランでアルバイトをしていました。

日本とは接客の仕方やサービスが全然違い最初はとても戸惑いました。

アメリカのレストランではほとんどの場合、最低時給しかもらえません。

なので海外ではチップが命!いいサービスを提供してたくさんチップをもらうしかないのです!!

頑張って接客英語も覚えて、お客さんとの会話もできるようになりました。

今回ご紹介するのは、ほぼ毎回の接客で使えるものですので、ぜひ覚えてみてください!

まずはお客様が入店されたときですね。

日本では“いらっしゃいませ!”が一般的ですが、実はこれ、日本独自の挨拶なんです。

英語ですとこんな感じになります。

こんにちは/こんばんは。(お元気ですか?)何名様ですか?
“Hello/Good evening. How are you? How many are in your party?”

 

お席までお連れします。/どこでも空いてるところにどうぞ。
“Please follow me to the table/ I will take you to the table”/ “Anywhere you like!”

 

さぁ、お客様が着席されましたね。

次はオーダーを取りに行きますが、ここが緊張するところですよね!

英語圏では“すみませーん!”と手を挙げて大きな声で店員さんを呼ぶ文化がありません。

ですので、頼みたそうな人がいたら自らすすんで声をかけてあげましょう!

これも、“お・も・て・な・し” かもしれませんね。

お決まりですか?何をお持ちしましょう?
“Are you ready? What can I get for you?”

 

お飲み物は何をお持ちしますか?
“Would you like anything to drink?/Can I get you a drink?”

 

すぐお飲み物お持ちしますね。
“I will be right back with your drink(s)”

 

お待たせいたしました、こちらが〇〇です。
“Thank you for waiting, here is your 〇〇

 

(様子を見に行くときに)すべて順調ですか?(←アメリカ独特の接客英語)
“How is everything?/Is everything okay?”

 

(ビールなど)お代わりお持ちしますか?
“Would you like another one?/Can I get you another 〇〇?”

日本では“少々お待ちください”とよく使いますよね。

でも英語の場合は、すぐ戻ってきますよ!というニュアンスでお客様に伝えることが多いです。

すぐ戻ります。
“I will be right back”

 

少々お待ちください。
“I will be with you in a moment”

 

並んでお待ちください。
“Please wait in line”

そしてもちろん、

ありがとう!
“Thank you”

ですね!

海外からいらしたお客様は、メニューを見ただけじゃわからない!なんて方がたくさんいると思います。

でもこちらは、なんて質問していいかわからない!だからといって勝手にセットの主食にパンをつけるわけにはいかない…

そんな時に役立つ少し複雑な注文や質問を見てみましょう!

ドレッシングは別でお持ちしますか?
“Would you like dressing on the side?”

例えばチーズが苦手なお客さんに、チーズ抜きでお持ちしますか?と聞く時などに

〇〇あり/なしでお持ちしますか?
“Would you like it with/without 〇〇?”
withは〇〇ありで、withoutは〇〇なしで)

 

ドレッシングの種類は○○と●●があります.
“The dressing choices are 〇〇 and ●●”

 

こちらのメニューから、1つ/2つ お選びください。
“Please choose one/two sides from HERE (show menu)/ 〇〇、〇〇 and 〇〇

 

○○、○○、○○の中から、1つ/2つ お選びください。
“Please choose one/two sides from 〇〇, 〇〇 and 〇〇

いかがでしたか?

接客英語を覚えて、海外からいらしたお客様と怖がらず、楽しく会話ができるといいですね♪

でも、なによりも大切なのは“SMILE”です!フレンドリーに笑顔で接客しましょうね!

次回は接客の違い アメリカ vs. 日本です!お楽しみに♪

2019-07-11T14:53:51+00:00