短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > スタッフブログ > 英会話を短期集中で上達したいとき、オンライン英会話と英会話スクールどちらがいいの?

英会話を短期集中で上達したいとき、オンライン英会話と英会話スクールどちらがいいの?

最近ではネット回線のスピードや自宅パソコンのスペックの向上、スマホの普及などもあり、リーズナブルな料金が魅力のオンライン英会話を利用する人が増えています。一方で、オンラインよりも対面型の英会話スクールの方が効果的だと考える人もいます。 短期集中で英語をマスターするならば、英会話スクールとオンライン英会話のどちらが適しているでしょうか?

今回は、短期集中にこだわって英語学習する方に向けて、英会話スクールとオンライン英会話の違いとメリット・デメリットについて解説していきます。英会話スクールに通うべきか、オンライン英会話を利用すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

英会話スクールの特徴とおススメの人は?

英会話初心者にとってはまずは喋ることに自信を付けることが重要ですので、オンラインよりもしっかりした英会話スクールで対面で会話する方が初期段階ではより実践的で伸びやすいかもしれません。

では具体的に英会話スクールに通うメリットはどのような点なのでしょうか?

 

英会話スクールの最大のメリットは、しっかりトレーニングされた指導力のある優秀な講師が多く在籍している場合が多いです。生徒のレベルや弱点ポイントを理解しているので、無駄のない効率的なレッスンを受けられるでしょう。
また、講師の国籍はアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど英語圏出身の方が多く在籍している事が多いので、よりネイティブやそれに近い発音、表現力を身に付けることが可能です。様々な国籍の講師と接することは、その国特有の文化や流行りの表現なども教えてもらえるのも嬉しいメリットといえます。

さらに、内容の充実した教材やコースが豊富に揃えられている教室がオンラインに比べて比較的多いことも特徴です。例えばビジネス英会話コース、TOEIC対策コースなど、生徒の要望に合わせた内容を効率的に短期集中で学べるので着実にステップアップできます。

このように英会話スクールは、高いクオリティーの講師や短期間で効率的に英語をマスターできるプログラムなどが充実していて魅力的です。

 

しかし一方で、レッスン料や入会費用が高いことも忘れてはいけません。これまで英会話スクールに通いたくても費用の高さがネックとなって、一歩踏み出せなかった人もいるのではないでしょうか。

大手の英会話スクールはアクセスしやすい駅前のビルに教室を設置しており、高額な設備費に加え、人件費、教材費などのコストがかかりレッスン料が高くなる傾向があります。特にマンツーマンレッスンは高く、週1回の1時間レッスンにしても、月額で2万円くらいからが相場になっています。頻度を抑えて費用を抑えたとしても、週に1回1時間程度のレッスンではなかなか効果が出にくいと感じる方も多いかもしれません。最近は、授業料を入会時の一括払いではなく、月謝制も増えているので、以前よりも通いやすくなってきてはいますが、それでもまだ高額といえます。

メリット デメリット
・講師の指導力が高い

・コースが豊富で自分の希望に合わせやすい

・費用が高い

 

 

オンライン英会話の特徴とおススメの人は?

続いて、オンライン英会話について見ていきましょう。

オンライン英会話の最大のメリットは、場所や時間に関わらずいつでもどこでもレッスンを受けられることです。忙しいビジネスパーソンや子育て中で決まった時間に英会話スクールに通う余裕がない方、また人目が気になる方など、オンライン英会話ならば、インターネット環境さえあれば、自分の好きな時に好きな場所で授業を受けることができます。

さらにオンライン英会話はレッスン料が安く設定されているのが嬉しいポイント。費用はサービス内容によって異なりますが、平均月額5,000円以下でレッスンを受けれるところが多いようです。英会話スクールと違って、ほとんどのオンライン英会話には入会費や教材費、設備費はかかりません。費用をあまり気にする事なく、毎日いつでもレッスンを受けることができるので、英語をアウトプットする機会が圧倒的に増えるのもメリット。

一方、オンライン英会話には英語を母国語とする講師が少ないことも特徴のひとつです。指導力やコミニュケーション能力は非常に素晴らしいのですが、英語圏のネイティブ講師とは発音や表現の仕方が若干異なる場合があります。同じく英語を第二言語として学習している私たちの気持ちを分かってくれる良さも有りますが、講師によって英会話のレベル、発音などにバラツキがあるのも事実です。細かな英語表現のニュアンスや発音を学ぶに当たっては、英語圏のネイティブ講師に教わる方が最適でしょう。

もちろん、サービスによっては英語圏のネイティブ講師が在籍しているところもありますが、その場合は受講料金が倍以上高く設定されていたりするので、オンライン英会話のメリットであるコストパフォーマンスは低くなるといえます。
英語圏のネイティブ講師でなくても自分と相性の良い人を毎回指名出来れば良いのですが、オンライン英会話ではほとんどの場合毎回同じ講師のレッスンを受けれるとは限りません。基本的には専属講師ではありませんので、人気の講師はなかなか空きがなく、同じ講師で定期的にレッスンの予約するのは難しくなっています。

また意外な盲点として、オンライン英会話はパソコンのモニターの前からコミュニケーションが始まる為、対面ならではの握手から始まる挨拶などのマナーを学ぶ機会がありません。カメラ越しに話すため自然なアイコンタクトや、ジェスチャーなども必然的に少なくなってしまう傾向があります。直接対面している訳では無いので、実際目の前に外国人が立った時のような緊張感で話す練習としても少し物足りなさを感じるかもしれません。

そういった面からオンライン英会話は、ある程度英語力が上達してアウトプット目的で使いたい方、コスパ重視の方におすすめです。

メリット デメリット
・比較的リーズナブル

・講師によって英会話のレベル、発音などにバラツキがある

・対面ならではのコミュニケーションを学ぶ機会が少ない

 

 

リアルな英会話スクールで短期集中で上達したいならイングリッシュブートキャンプの様なプログラムがおすすめ

講師と対面のリアルな環境で、かつ限られた時間の中で効率的に英語を学びたい方には「イングリッシュブートキャンプ」は一つの選択肢になるでしょう。オンラインでは習得不可能な対面だからこそ可能なトレーニングを、優秀なインストラクターと共に短期集中型で行なっていきます。

英会話スクールの広告などではよく『ビジネス英語なのだからきちんとした言葉で、、』などのキャッチをよく見ることがありますが、イングリッシュブートキャンプのコンセプトはまさにその逆。『堂々と英語を話せるマインドを養成する』事がメインになっていますので、プログラム中は、細かい単語の間違いや文法の間違いを敢えてあまり指摘しないことになっています。少しくらい間違えてでも自分の思いを100%伝えることにフォーカスしようという、一般的な英会話スクールとはかなり異なるスタイルの英会話学習になります。

そしてこのようなマインド作りは、2日間という短期間の中で何度も繰り返し行うことで最大の効果を発揮するのです。

 

 

まとめ

今回は、英会話スクールとオンライン英会話の違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説していきました。

結論としてはどちらの方が優れているということではなく、ご自身の目的やレベルや予算、目的に合わせて適切な英語学習法を選ぶことが大切です。

 

これから英会話を始めようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

2019-12-02T16:50:40+00:00