企業様向けオンライン英語研修

今こそ 実戦で使える
ビジネス英会話力を

貴社の英語教育はゴールをどこにおいていますか?

現地の職員と英語で侃々諤々の議論ができますか?

イングリッシュブートキャンプでは、イングリッシュ・モニタリングというロールプレイを活用した修羅場疑似体験で、本当にグローバル環境で英語でビジネスができるかを徹底的にアセスメントします。

ゴールまでの5つのステップ

English monitoring

①ゴール:イングリッシュモニタリング

英語でのリアルな実践力を測るアセスメントです。ZOOMを活用して合計1時間で完結します。数名の海外メンバーを演じる役者を相手に、実際の会議を仕切れるか。英語力に加えて、ファシリテーション力、論理的発話力、合理的意思決定等を、会話内容の文字起こしや表情分析結果とともにレポートされます。

SPEAKING PRO

②英会話力:スピーキング・プロ

英語の発話力を徹底的に鍛えるプログラムです。覚えた英単語や英語の構文を反射神経レベルで使えるようにするまで徹底的にすりこむプログラム。VERSANTやTOEIC Speaking Testで成長を定量的に測定します。

meeting pro

③実践力:ミーティング・プロ

ビジネスで英語が使えるか、「英語での会議」をテーマとして様々な角度から英語でのビジネス・コミュニケーション力を鍛えます。チャートやグラフを正確に伝えられるか。ややこしいことを平易に伝えられるか。論理的に発話できるか。合理的意思決定ができるか。ファシリテートできるか。様々なビジネス英語の実践力を底上げします。

Global mode

④グローバル理解

グローバル社会は、そこで使われる言語が日本語から英語にかちっと切り替わるだけではありません。同調性を起点としてきた日本の社会から、多様性を全面的に活用しようとするグローバル社会では流儀が大きく異なることも多いでしょう。その根本理解がない限り、せっかくの気持ちや心を込めたディールも相手には十分伝わらないかもしれません。グローバル・ビジネスの流儀を日本語で学んでいきます。

Confidence

⑤自信

一番大切なのは、自信。英会話に対する自信をつけます。まずは、ここだけでも十分。2日間(オンラインでは1日バージョンもあります)で、一気に英会話の自信を養います。集合研修、プライベートレッスン、教室型、オンライン型、企業様のニーズに応じて様々な形が可能です。

message企業様からのご伝言

英会話を思う存分に本気で楽しむことが一番のポイントかもしれないですね

東京海上日動火災保険株式会社

人事企画部 人材開発室二宮 英太郎 様

英語力だけでなく、発信力を高めるためにリーダー育成研修の一環として活用しています

TOTO株式会社

人財本部 経営塾渡辺 哲也 様

とにかく英語を口に出して自らのメッセージを伝えるチャンスを逃さないことの大切さを教えてくれるプログラム。

北海道教育委員会

北海道スーパーイングリッシュキャンプ 様

ご活用例

(1)グループ研修として

大手損保様などでは、40名~60名の大人数に向けて本研修を採用。大人数を低予算で効率よく受講させるため5名~7名のグループ研修に。講師は同時に3~4名が参加。Zoomの小部屋を小刻みに活用し、「喋らない時間」が最小の濃厚な研修になります。

(2) 個人のスキルアップの支援

(受講生1名に対して講師2名:10時間)

外資系企業様などでは、個人のスキルアップとして本研修を導入。個人個人好きな日程で参加します。生徒1名に対して講師が常時2名の体制で濃厚な1日研修となります。

(3)福利厚生として

外資系企業様などでは、個人のスキルアップとして本研修を導入。個人個人好きな日程で参加します。生徒1名に対して講師が常時2名の体制で濃厚な1日研修となります。

まずはご連絡ください

お電話はこちら

資料請求はこちら