推薦者の声2018-07-18T11:33:24+00:00

推薦者の声

TOTO株式会社 人財本部 経営塾

渡辺 哲也 様

■貴社は、イングリッシュブートキャンプをどのような形で活用されていますか?

選抜リーダー研修の一環として、当社向けにカスタマイズしたプログラムを年に2回実施しております。一回の受講生は20名強です。

■貴社が社員の英語力強化に力を入れている背景を教えてください

現在当社では更なるビジネスのグローバル化に向けて邁進しております。
そのような中、社員一人一人が更にグローバルな視点を持つよう意識づけたいと考えており、英語力そのものも強化したく思っております。

■英語についてどのような課題をお持ちでしたか?

当社は、これまで国内ビジネスがメインでしたので、そもそも海外経験が豊富な社員が多くないという課題がありました。英語そのものに直接触れる機会が少ない社員も多く、一部の人間だけがグローバル経験が豊富になっている事が問題でした。

■イングリッシュブートキャンプを選んで頂いた理由は?

研修全体の目的として、リーダー人財の育成を主眼としております。リーダーとしての「発信力」を考えたとき、コミュニケーションの根本から訓練するイングリッシュブートキャンプに惹かれました。日本語禁止のブートキャンプにいきなり放り込まれるという非日常体験も魅力的で、「鍛えあげるスタンス」が当社のニーズに合致していると感じました。更に、受講生の英語のレベルにバラつきがあるなかで、どのような英語力でもプログラムに集中できるゲーム的要素や世界観も選んだ大きな理由です。

■イングリッシュブートキャンプの効果はいかがですか?

非常によいものがあります。当然英語でコミュニケーションが取れた、という自信は得られます。それだけでなく、イングリッシュブートキャンプに参加することにより、普段日本語環境ではサボりがちな、アイコンタクトやパッションの重要さといったコミュニケーションの根本から鍛え直すことで日常コミュニケーション能力の向上にも効いてくるのではないかと考えています。
また、慣れ親しんだ同僚社員と互いに切磋琢磨する機会となり、社員一丸となって取り組む一体感を得られました。他の人の努力している姿に感化されて、自分も負けてられないと社員同士が競い合うような気持ちも芽生えておりました。英語学習への意欲。社員の一体感。チームとしての達成感。などを得る事が出来たと感じています。
toto2

■ご参加頂いた受講生の皆さまからどのような反応を頂けましたか?

英語のみならずコミュニケーションそのものに対して自信がついたという声が多いです。受講生は、英語で伝えられない原因は言語の問題だけではないことに気付き、コミュニケーションの基本を習得し、相手に伝える目標を達成した後、大きな喜びを実感しています。
またネイティブともっと話したかったけど伝わりきらなかった悔しい体験が、今後の学習意欲に繋がったという受講生もいます。

■渡辺様ご自身もトライアルで日本語一禁止という強制環境を体験されましたが、いかがでしたか?

私はオープンセミナー型のイングリッシュブートキャンプに参加しました。知らない方々とその日集まってスタートするのですが、みんな同じ英語への悩みと喋りたいという思いを持った仲間が集まり、すぐに一体感が高まりました。
英語でコミュニケーション出来ることの楽しさに気づき、終わったあとは英語だけでやり切れたことへの達成感を得ることが出来ました。
プログラムの途中、自分自身が思っていたより口に出せているということに気が付いて驚きました。そもそも直近、話す機会が少なかったのでどうなるかと心配しておりましたが、話さざるを得ない状況によって、難しい内容でも、なんとかセカンドベストで伝えきる感覚が身についたのだと思います。

■今後イングリッシュブートキャンプにご参加される方へのアドバイスがありましたら御願いします

英語が自分の中でどれくらいの実力なのか分かり、その力でどのように伝えることが出来るか、またもっと効果的に伝える為に何が必要かを学ぶことが出来ます。
それだけでなく、セッションを通じて困難に対して向かっていき、いつのまにか英語はその課題をクリアするためのツールとなることを実感するかと思います。最後は、それらを乗り越えることで大きな達成感を得ることが出来ます。努力することでブレイクスルーすることが出来る貴重な経験となるかと思います。