短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

2日間で喋れる理由

reason

コンセプト

~ Concept ~

最短で喋れるに特化した英会話教室。

イングリッシュブートキャンプは、2日間(20時間)の英語強制環境における徹底的なトレーニングで『英語に自信を持って喋れる』に到達する徹底した『英語漬け環境』と大手60社以上に研修を提供している専門家が「実戦で使える英語」をコンセプトに設計されたプログラムです。
過去8年間で約7000人の方に「英語が喋れる」を実感頂いております。

イングリッシュブートキャンプが短期間で絶大な効果を与える理由

英会話の「3つの壁」の破壊

1.「瞬間英発話の壁」

英語でどう表現すれば良いか分からず、何度も言葉に詰まってしまうとなかなか会話が成立しません。今ある英語力で最後まで伝えきるトレーニングが必要になります。

 
 

①『瞬間英発話の壁』を壊すトレーニング

イングリッシュブートキャンプが推奨するセカンドベスト英語(今ある英語の知識で瞬時に作文するスキル)のトレーニングで、最後まで伝えきる実践的なスピーキング力を身につけます。

『セカンドベスト英語』とは、今ある英語の知識で何とかやりくりして、ベストな単語が思いつかなくても最後まで伝え切るスキルです。

英会話の90%はたったの721語で出来ている

語彙力は既に十分ある

英語のネイティブスピーカーの語彙⼒は1.5万~2万語と⾔われています。⼀⽅で⽇本の⼀般的な中学校で習う英単語数は1200~1500語、⾼校では3000~5000語とされています。
会話中の単語の全てを、ネイティブスピーカーのように最も適切な表現にしようとすると、限界が⽣じます。しかし、ネイティブスピーカーが実際に会話で使っている英単語の90%はたったの721語だけという統計があります。
(参考)New General Service List
(Browne, Culligan and Phillips) / CC BY 3.0
つまりたった721語の頻出英単語を適切に操ることが出来れば、英会話の90%をカバーすることが可能になります。

2.「心理的な障壁」

英語になると焦ってしまい、頭の中が真っ白になってしまう。また英語を話すことに恥じらいがある、間違えるのが怖いなどといった『心理的な障壁』が存在するうちは、英会話の実力を100%出す事が出来ません。

 
 

②『心理的な障壁』を壊すトレーニング

英話での対話における声の出し方、有効なジェスチャーの使い方、効果的なアイコンタクトを訓練します。

また、英語で話すこと、あるいは英語で間違えることの恥ずかしさや躊躇を取り除いていきます。

3.「異文化の壁」

グローバルのコミュニケーションでは、日本語をそのまま英語に置き換えただけでは伝わりません。コミュニケーションの形自体を変えていく必要があり、これは癖の矯正に近いため常に意識する必要があります。

 
 

③『異文化の壁』を壊すトレーニング

日本人同士の会話で無意識のうち取り入れている「空気を読む」「かすかな表現で伝える」といったコミュニケーション様式の癖を取り除き、より論理的に伝えられるようにします。


また英語のスピードに着いていけない時のコントロールの方法や、自分の言葉がしっかりと相手に伝わっているかの確認の方法など、異文化コミュニケーションに置ける会話のスキルを身に付けます。

英語テストスコアUPの報告も多数

受講生平均で31.25ポイントアップ!

TOEIC® Speaking Testに

絶大な効果を発揮

第三者テスト「TOEIC®speaking test」を活用した定量的効果測定を行いました。200点満点のTOEIC®speaking testにおいて、イングリッシュブートキャンプ受講前と受講後では平均31.25ポイントの増加が見られました。半年等の長期プログラムを受けても一桁ポイントの増加が一般的とされるなか、31.25ポイントアップは驚愕に値すると言われております。

レッスンの流れについて

ハイクオリティなレッスンの詳細をご説明します