短期集中英会話合宿のイングリッシュブートキャンプ 2017-10-02T11:34:33+00:00

イングリッシュブートキャンプは最短で英語が喋れるを実現する短期集中の英会話合宿です

英語学習が苦手な方

~英会話を上達させたいものの・・・~

なかなかリスニング力が上達しない。
英単語を覚えるのが苦手。毎日コツコツが苦手。
学生の時以来英語から遠ざかっている。

伸び悩んでいる方

~そこそこ基礎英語力はついているはずだけど・・・~

英会話になると言いたいことがパッとでない。
オンライン英会話や英会話スクールの効果に疑問を感じている。
英会話の苦手意識がいつまでも消えない。

今すぐ英語が必要な方

~海外勤務や英語での面接等が迫っているが・・・~

とにかくもう時間がない。
実践で使えるレベルまで引き上げる必要がある。
英会話時の緊張を無くしたい。

きっかけを見つけたい方

~まわりには外国人がたくさんいるが・・・~

自分から話しかけるのを躊躇する事が多い。
ネイティブが話し始めると中に入れない。
英語のせいで仕事や人間関係が不利になっている。

海外短期留学より
成長する2日間の
英会話国内留学

イングリッシュブートキャンプでは徹底した英語漬け環境と洗練されたプログラムにより、短期海外留学でも得られない圧倒的成果を保証致します。英語の必要性に迫られていてかつ十分な学習時間が取れない方に最適です。

g1

TOEIC300~900まで、
どのレベルの方でも受講頂ける徹底的なサポート

当日朝に行う簡易テストを参考に受講生のレベルに応じてグループ分けをするだけでなく、細やかなサポートでどのようなレベルの方でも「今ある英語力」で最大限に喋れるを実現します。

g2

コミュニケーションが得意でない方でも堂々と喋れるグローバルパーソンへと変化

「グローバルコミュニケーションの原理」を徹底的に研究し日本人用に作りこまれたプログラムだから、どれだけコミュニケーションが苦手な方でも、「堂々と喋り、相手を惹きつける」レベルまで到達出来ます。

g3

総合商社人材育成部門と
共同開発した「実戦」を想定したプログラム

運営するグローバルアストロラインズ社は大手60社以上に「グローバル研修」「リーダーシップ研修」を提供している企業研修の専門家。実績を基に総合商社と共同開発したプログラムだから成果が違います。

g4

採用率わずか3%の
最強のネイティブ講師陣

イングリッシュブートキャンプの講師は、高い英会話指導のスキルを備えるだけでなく受講生を抱擁できる懐の深い「人好き」の人財です。徹底的に厳選して採用し、トレーニングを重ねて最高の講師チームを作り続けています。

英会話トレーニングに
最適な環境づくり

イングリッシュブートキャンプは学ぶ環境づくりも徹底します。教室内には飲み放題のミネラルウォーター、豆から挽くコーヒー、集中力を維持するためのチョコレート、こだわりのお食事、臨場感溢れる巨大スクリーン等、あらゆる工夫を凝らし最大限に学習効果を高める環境を提供いたします。

ご満足頂けなければ
全額返金保証

クオリティーには絶対の自信があります。ただし万が一プログラムが肌に合わない場合や1/3を受講して効果がないと感じられる場合は、英語自体を嫌いになって頂きたくありませんので、その時点で受講中止の上、全額返金保証させて頂きます。

心に刻む大きな達成感と
新たな自分

2日間のプログラムを乗り越えた達成感と、堂々と英語を話せるようになった自信から、昨日までとは一味も二味も違う自分を発見し、その後の英会話学習やコミュニケーションにも大きな変化をもたらします。終了後には感動の涙を見せる受講生様も多くいらっしゃいます。

TOEIC®Speaking Testにおいても絶大な効果を発揮

受講生平均で31.25ポイントアップ!!

第三者テスト「TOEIC®speaking test」を活用した定量的効果測定を行いました。

200点満点のTOEIC®Speaking Testにおいて、イングリッシュブートキャンプ受講前と受講後では平均31.25ポイントの増加が見られました。半年等の長期プログラムを受けても一桁ポイントの増加が一般的とされるなか、31.25ポイントアップは驚愕に値すると言われております。

外資系営業  濱野 幹也 様

『英会話の6割は、世の中にある英会話スクールで習える。
残りの4割は、イングリッシュブートキャンプでしか学べない。
そして、その「残りの4割」こそが、実戦で英語が使えるかどうかの違いだ。』

内容としてはかなり濃く、話さなくてはいけない環境があり、考え方が変わりました。
vervalな部分にばかり今までfocusしていましたが、話すことの重要性を改めて認識できました。
伝えたい、発信したいと思うなら間違いを恐れず、言い切るということを学んだ。
丸2日間英語のみはとても大変だったが、頭の中の細胞が何か変化できた気がする。
完全じゃなくても、ちゃんと伝えたい気持ちがあれば、伝わるというという事が分かりました。
とにかく楽しく学べます!!短時間に脳をフル回転!!そして不安がなくなります!

shousai

toto2

渡辺 哲也 様
TOTO株式会社
人財本部
経営塾

『英語力だけでなく、発信力を高めるためにリーダー育成研修の一環として活用しています』

受講生は、国際ビジネスコミュニケーションの基本から習い、相手に伝える成果を得たあと、大きな喜びを実感しています。

interview2

ashizawakyoju

芦沢 真五 様
『留学のすすめ.jp』主幹
東洋大学国際地域学科 教授

『一度得られた【話せる】という感覚や自信により、その後の英会話は大きく変わるはずです』

本プログラムは、英会話学習におけるイニシエーション的役割を担ってくれるのではと期待しています。

interview2

iwasasan3

岩佐 文夫 様
ダイヤモンド ハーバード ビジネス レビュー
編集長

『普段と全く違う環境下で生活するゲーム的な面白さがありました』

キャンプ中ずっと日本語を使わずにいられたのは、真面目に取り組もうというよりゲームを楽しもうと思っていた面もありました。

interview2

若林 学 様
カタリナマーケティングジャパン株式会社
代表取締役社長

『社会人になってから英語を学ぶのであればアウトプット中心でやるしか無い』

発音や語彙力等を高めるより前に、まずは実践で使える英語、実際に使える英語を必要とする意識が社内で高まってきたと思います。

interview2

北海道教育委員会 様
北海道スーパーイングリッシュキャンプ

『とにかく英語を口に出して自らのメッセージを伝えるチャンスを逃さないことの大切さを教えてくれるプログラム。』

今ある英語力でいいからなんとか瞬時に言葉を捻り出してみようという「型」が確立していて、参加者にも取り組みやすいと思います。

interview2

img_headerlogo-1-300x38
ヒューマンリンク株式会社 総合商社人材育成部門

hlcsaito012-150x150
ヒューマンリンク株式会社(1996年に三菱商事株式会社の人事部門より分社独立し、設立以来、一貫して三菱商事グループのグローバル人材育成に携わる一方、様々な企業に対し人材育成に関するサービスを提供)

『英語は喋ってなんぼ。コミュニケーションしてこその英語』 

という想いから、総合商社(三菱商事株式会社)の人材育成部門と共同開発されたものがイングリッシュブートキャンプになります。

ヒューマンリンク株式会社共同開発によりイングリッシュブートキャンプは誕生致しました。 ヒューマンリンク株式会社 HRD事業部長 齋藤俊成さんのインタビュー詳細はコチラです。

interview2

『ぜひ英会話を始めるきっかけを見つけてください。』 

イングリッシュブートキャンプでなくてもいい。皆様には既に自由に英会話をするだけの素地があり、絶対に喋れるようになります。

shousai

経歴

1972年生まれ静岡県出身
1996年バージニア州 ウィリアム アンド メアリー大学で政治学・経済学をダブル専攻で卒業
1997年三菱商事株式会社入社
2006年同社よりハーバード・ビジネス・スクールに2年間派遣され経営修士(MBA)を取得
2007年米国に拠点を持つ同社の100%子会社を立ち上げ代表取締役として経営
2011年同社を退社後、グローバルアストロラインズ社を立ち上げ、グローバル人材育成事業に取り組む
2012年ヒューマンリンク株式会社(三菱商事の人事機能がアウトソースされた100%子会社)を開発パートナーとして当イングリッシュブートキャンプ事業を立ち上げる

主な活動

ウィリアム・アンド・メアリー大学では空手部を率い全米大学選手権の団体組手で優勝に導く。ハーバードビジネススクール時代には夏休みに全米バッファローウィング(鶏肉を使ったジャンクフード)の全米調理選手権で優勝。三菱商事では、同社鉄鋼製品輸出部門にて多数の新規事業を海外で立ち上げる。特に日本の技術を海外プラントに転与するプロジェクトのマネージメント業務等を通じて、現場で日本人エンジニアとともに悪戦苦闘しながら、生粋の日本人がいかにして海外環境で実力を発揮するかを研究し始める。現在は当プログラムの運営の傍ら、企業研修の講師としても活躍中。総合商社やメーカー等の大手企業や、成長企業向けにグローバル/リーダーシップ/交渉術等の研修を開発、自身も講師として登壇している。

著書

「パンツを脱ぐ勇気」 | ダイヤモンド社(2011年)
「ハーバード流宴会術」 | 大和書房(2012年)
「”カタチ”から入るビジネス英会話」| ダイヤモンド社(2016年)

プログラムの流れはこちら

なぜイングリッシュブートキャンプは
たったの2日間で喋れるを実現出来るのか?

shousai

イングリッシュブートキャンプ
二子玉川ベース

(二子玉川駅より徒歩5分)

渋谷駅から最短15分!(急行10分+徒歩5分)

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目21−1
アーバンコート玉川3F

イングリッシュブートキャンプは最短で英語が喋れるを実現する短期集中の英会話合宿です

英語学習が苦手な方

~英会話を上達させたいものの・・・~

なかなかリスニング力が上達しない。 英単語を覚えるのが苦手。毎日コツコツが苦手。 学生の時以来英語から遠ざかっている。

伸び悩んでいる方

~そこそこ基礎英語力はついているはずだけど・・・~

英会話になると言いたいことがパッとでない。 オンライン英会話や英会話スクールの効果に疑問を感じている。 英会話の苦手意識がいつまでも消えない。

今すぐ英語が必要な方

~海外勤務や英語での面接等が迫っているが・・・~

とにかくもう時間がない。 実践で使えるレベルまで引き上げる必要がある。 英会話時の緊張を無くしたい。

きっかけを見つけたい方

~まわりには外国人がたくさんいるが・・・~

自分から話しかけるのを躊躇する事が多い。 ネイティブが話し始めると中に入れない。 英語のせいで仕事や人間関係が不利になっている。

海外短期留学より 成長する2日間の 英会話国内留学

イングリッシュブートキャンプでは徹底した英語漬け環境と洗練されたプログラムにより、短期海外留学でも得られない圧倒的成果を保証致します。英語の必要性に迫られていてかつ十分な学習時間が取れない方に最適です。

g1

TOEIC300~900まで、 どのレベルの方でも受講頂ける徹底的なサポート

当日朝に行う簡易テストを参考に受講生のレベルに応じてグループ分けをするだけでなく、細やかなサポートでどのようなレベルの方でも「今ある英語力」で最大限に喋れるを実現します。

g2

コミュニケーションが得意でない方でも堂々と喋れるグローバルパーソンへと変化

「グローバルコミュニケーションの原理」を徹底的に研究し日本人用に作りこまれたプログラムだから、どれだけコミュニケーションが苦手な方でも、「堂々と喋り、相手を惹きつける」レベルまで到達出来ます。

g3

総合商社人材育成部門と 共同開発した「実戦」を想定したプログラム

運営するグローバルアストロラインズ社は大手60社以上に「グローバル研修」「リーダーシップ研修」を提供している企業研修の専門家。実績を基に総合商社と共同開発したプログラムだから成果が違います。

g4

採用率わずか3%の 最強のネイティブ講師陣

イングリッシュブートキャンプの講師は、高い英会話指導のスキルを備えるだけでなく受講生を抱擁できる懐の深い「人好き」の人財です。徹底的に厳選して採用し、トレーニングを重ねて最高の講師チームを作り続けています。

英会話トレーニングに 最適な環境づくり

イングリッシュブートキャンプは学ぶ環境づくりも徹底します。教室内には飲み放題のミネラルウォーター、豆から挽くコーヒー、集中力を維持するためのチョコレート、こだわりのお食事、臨場感溢れる巨大スクリーン等、あらゆる工夫を凝らし最大限に学習効果を高める環境を提供いたします。

ご満足頂けなければ 全額返金保証

クオリティーには絶対の自信があります。ただし万が一プログラムが肌に合わない場合や1/3を受講して効果がないと感じられる場合は、英語自体を嫌いになって頂きたくありませんので、その時点で受講中止の上、全額返金保証させて頂きます。

心に刻む大きな達成感と 新たな自分

2日間のプログラムを乗り越えた達成感と、堂々と英語を話せるようになった自信から、昨日までとは一味も二味も違う自分を発見し、その後の英会話学習やコミュニケーションにも大きな変化をもたらします。終了後には感動の涙を見せる受講生様も多くいらっしゃいます。

TOEIC®Speaking Testにおいても絶大な効果を発揮

受講生平均で31.25ポイントアップ!!

第三者テスト「TOEIC®speaking test」を活用した定量的効果測定を行いました。

200点満点のTOEIC®Speaking Testにおいて、イングリッシュブートキャンプ受講前と受講後では平均31.25ポイントの増加が見られました。半年等の長期プログラムを受けても一桁ポイントの増加が一般的とされるなか、31.25ポイントアップは驚愕に値すると言われております。

外資系営業  濱野 幹也 様

『英会話の6割は、世の中にある英会話スクールで習える。 残りの4割は、イングリッシュブートキャンプでしか学べない。 そして、その「残りの4割」こそが、実戦で英語が使えるかどうかの違いだ。』

内容としてはかなり濃く、話さなくてはいけない環境があり、考え方が変わりました。
vervalな部分にばかり今までfocusしていましたが、話すことの重要性を改めて認識できました。
伝えたい、発信したいと思うなら間違いを恐れず、言い切るということを学んだ。
丸2日間英語のみはとても大変だったが、頭の中の細胞が何か変化できた気がする。
完全じゃなくても、ちゃんと伝えたい気持ちがあれば、伝わるというという事が分かりました。
とにかく楽しく学べます!!短時間に脳をフル回転!!そして不安がなくなります!

shousai

toto2

渡辺 哲也 様 TOTO株式会社 人財本部 経営塾

『英語力だけでなく、発信力を高めるためにリーダー育成研修の一環として活用しています』

受講生は、国際ビジネスコミュニケーションの基本から習い、相手に伝える成果を得たあと、大きな喜びを実感しています。

interview2

ashizawakyoju

芦沢 真五 様 『留学のすすめ.jp』主幹 東洋大学国際地域学科 教授

『一度得られた【話せる】という感覚や自信により、その後の英会話は大きく変わるはずです』

本プログラムは、英会話学習におけるイニシエーション的役割を担ってくれるのではと期待しています。

interview2

iwasasan3

岩佐 文夫 様 ダイヤモンド ハーバード ビジネス レビュー 編集長

『普段と全く違う環境下で生活するゲーム的な面白さがありました』

キャンプ中ずっと日本語を使わずにいられたのは、真面目に取り組もうというよりゲームを楽しもうと思っていた面もありました。

interview2

若林 学 様 カタリナマーケティングジャパン株式会社 代表取締役社長

『社会人になってから英語を学ぶのであればアウトプット中心でやるしか無い』

発音や語彙力等を高めるより前に、まずは実践で使える英語、実際に使える英語を必要とする意識が社内で高まってきたと思います。

interview2

北海道教育委員会 様 北海道スーパーイングリッシュキャンプ

『とにかく英語を口に出して自らのメッセージを伝えるチャンスを逃さないことの大切さを教えてくれるプログラム。』

今ある英語力でいいからなんとか瞬時に言葉を捻り出してみようという「型」が確立していて、参加者にも取り組みやすいと思います。

interview2

img_headerlogo-1-300x38 ヒューマンリンク株式会社 総合商社人材育成部門

hlcsaito012-150x150 ヒューマンリンク株式会社(1996年に三菱商事株式会社の人事部門より分社独立し、設立以来、一貫して三菱商事グループのグローバル人材育成に携わる一方、様々な企業に対し人材育成に関するサービスを提供)

『英語は喋ってなんぼ。コミュニケーションしてこその英語』 

という想いから、総合商社(三菱商事株式会社)の人材育成部門と共同開発されたものがイングリッシュブートキャンプになります。

ヒューマンリンク株式会社共同開発によりイングリッシュブートキャンプは誕生致しました。 ヒューマンリンク株式会社 HRD事業部長 齋藤俊成さんのインタビュー詳細はコチラです。

interview2

『ぜひ英会話を始めるきっかけを見つけてください。』 

イングリッシュブートキャンプでなくてもいい。皆様には既に自由に英会話をするだけの素地があり、絶対に喋れるようになります。

shousai

経歴

1972年生まれ静岡県出身 1996年バージニア州 ウィリアム アンド メアリー大学で政治学・経済学をダブル専攻で卒業 1997年三菱商事株式会社入社 2006年同社よりハーバード・ビジネス・スクールに2年間派遣され経営修士(MBA)を取得 2007年米国に拠点を持つ同社の100%子会社を立ち上げ代表取締役として経営 2011年同社を退社後、グローバルアストロラインズ社を立ち上げ、グローバル人材育成事業に取り組む 2012年ヒューマンリンク株式会社(三菱商事の人事機能がアウトソースされた100%子会社)を開発パートナーとして当イングリッシュブートキャンプ事業を立ち上げる

主な活動

ウィリアム・アンド・メアリー大学では空手部を率い全米大学選手権の団体組手で優勝に導く。ハーバードビジネススクール時代には夏休みに全米バッファローウィング(鶏肉を使ったジャンクフード)の全米調理選手権で優勝。三菱商事では、同社鉄鋼製品輸出部門にて多数の新規事業を海外で立ち上げる。特に日本の技術を海外プラントに転与するプロジェクトのマネージメント業務等を通じて、現場で日本人エンジニアとともに悪戦苦闘しながら、生粋の日本人がいかにして海外環境で実力を発揮するかを研究し始める。現在は当プログラムの運営の傍ら、企業研修の講師としても活躍中。総合商社やメーカー等の大手企業や、成長企業向けにグローバル/リーダーシップ/交渉術等の研修を開発、自身も講師として登壇している。

著書

「パンツを脱ぐ勇気」 | ダイヤモンド社(2011年) 「ハーバード流宴会術」 | 大和書房(2012年) 「"カタチ"から入るビジネス英会話」| ダイヤモンド社(2016年)

プログラムの流れはこちら

なぜイングリッシュブートキャンプは たったの2日間で喋れるを実現出来るのか?

shousai

イングリッシュブートキャンプ 二子玉川ベース

(二子玉川駅より徒歩5分)

渋谷駅から最短15分!(急行10分+徒歩5分)

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3丁目21−1 アーバンコート玉川3F