短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

[fusion_builder_container background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding_top=”20″ padding_bottom=”20″ padding_left=”” padding_right=”” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ background_position=”left top” background_color=”” border_size=”” border_color=”” border_style=”solid” spacing=”yes” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” padding=”” margin_top=”0px” margin_bottom=”0px” class=”” id=”” animation_type=”” animation_speed=”0.3″ animation_direction=”left” hide_on_mobile=”no” center_content=”no” min_height=”none”][fusion_text]Speken English(話す際に使われる英語)の90%を理解するために必要な英単語数は900語というリサーチがあります。一方で、我々が日本の中学校で習う英単語は最低1200語、高校では3000-5000語と言われています。そうです。私たちは十分な英語力を持っているのです。では何が足りないのか。それは伝える技術です。

例えば「アイコンタクト」

”不思議なもので、人間というものは、目をジッと見て話され ると無視できません。目を射抜くように見つめられると、その人 のコミュニケーションに釘づけになるのです。これほどパワフル なツールはなく、これを使わない手はないのです”

ー 英語は後、伝え方が先!「カタチから入るビジネス英会話」 第4章「ジッーと音が鳴るくらい相手の目を見続ける」より

【絶賛発売中↓】[/fusion_text][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]