短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > イングリッシュブートキャンプ -Biz-

イングリッシュブートキャンプ -Biz-2019-10-09T15:50:47+00:00

イングリッシュブートキャンプ
『Biz』が目指すもの

大企業も続々取り入れる「グローバル・モード」のビジネス英会話研修が、個人様向け用にもオープン致しました!

グローバルのビジネス・シーンでは
言葉が英語に置き換わることは当然ですが
それだけではありません。

グローバルでは言葉だけでなく、イングリッシュブートキャンプで学習した通り、伝え方も変わります。
それだけではありません。さらには価値観も違えば、ビジネスの作法も大分変わります。

例えば、ミーティング一つとっても日本のミーティングは、
どちらかといえば野球型(お行儀よく振舞い、発言は順番にしていくことが多い)ですが、
グローバルはサッカー型(発言の機会は積極的にとっていくインタラクティブなスタイル)です。

サッカー型のミーティングにも通用する英会話スタイルを身に着けなければなりません。

攻守は決まっており、バッターボックスに入る打者も一人ずつ。秩序を保って一人ずつ発言していく。

攻守が決まっておらず、誰もが必要な時に瞬時に発言する。発言の機会を取り合う場面もある。

チェックテスト

宜しければ、以下のチェックテストを行ってみてください。


□ ポリティカル・コレクトネスを理解している

□ ステレオタイプな見方をしないように普段から配慮している

□ 差別的な言い方をしないように気をつけている

□ 意見を言うときは、最初に結論を言うようにしている

□ シンプルな英語を心がけている

□ ロジカルに組み立ててから話している

□ ノートやホワイトボードを使って図解しながら説明することが得意だ

□ 自分と違う意見、自分への反対意見を歓迎できる

□ 相手と違う意見を言うときは、相手が嫌な思いをしないように最大限気をつけながらも、相手と違う意見があれば必ず伝える

□ 合理的な結論をだすスキルがある

上記の全てがビジネス・イングリッシュでは必要になります。
それらを身に着けていくのがイングリッシュブートキャンプビズです。

グローバルの低文脈の壁を乗り越えていくためには「複雑で高度な英語」より、シンプルでロジカルな英語が有用です。
難解な「ネイティブ英語」を目指すことを一旦ヤメ、シンプル&ロジカルで通じる英語を身に着けます。

LOGICAL
ロジカルに組み立て:「暗黙の了解」に頼らない(低文脈な)グローバル環境では、思考がロジカルに整理されていないと、いくら英語が達者でも説得力はありません。

SIMPLE
シンプルな英語:ネイティブスピーカーのような豊富な表現を駆使した言い回しより、誤解や混乱を避けるシンプルな英語がグローバル環境では望ましい。

大切なのは、

(1)ネイティブ英語を目指さずにシンプルでロジカルな英語を目指す
(2)ローカルのやり方を脱却しグローバルビジネスの攻略法を身に着ける

海外の相手を動かす英語とは

海外の相手を動かす英語のための

3つのトレーニング

ビジネス・コア単語「371語」を起点に、リスニング力、スピーキング力を鍛える。

最大30時間のオンライン・プライベートレッスン

■今あるボキャブラリーをより使えるものに
■リスニング力の強化

専用アプリから繰り出される100本ノックを、イングリッシュブートキャンプの人気講師たちとのオンラインのプライベートレッスンで丁寧に身に着けていく

シンプル・ロジカル英語の100本ノック(プライベートレッスン6時間付き)
10本Simple Clear English
30本Data Interpretation
30本Elevator Pitch
30本Toulmin and Logical Conclusion

日本語一切禁止の「ブートキャンプスタイル」で、1日の「突貫工事」を6本。
ミーティングの基礎から、ファシリテーション、ディベート等の「戦闘力」をつけていく。

集合クラス名内容時間数
Facilitationミーティングを乗り切るために必要なのは、能動的に発信するスキル。インタラクティブな会議をしきるファシリテーション力をベースに、英語表現、グローバル会議のコツを徹底的に磨きます。8.5h
Meeting一般的なミーティング形態(問題解決・イノベーション)を題材とし、ミーティングを勝ち抜くための戦略に基づいた効果的な英語表現、英会話のコツを徹底的に体にしみ込ませます。8.5h
Salesビジネスの問題を見抜き、そこに対しての魅力的な提案をパッションだけでなく、ロジカルに構成する力を養成し、そこで活用されるシンプルでパワフルな英語スキル、プレゼンスキルを身に着けます。8.5h
Logical Conclusion多様性のあるメンバーで納得感のある決断を出していく「合理的な意思決定スキル」を緊急開発し、シンプル・ロジカル英語で鍛えた英会話力を、リアルなシチュエーションに落とし込み実用化させてます。8.5h
Debating相手を丸め込むのではなく、相手と様々な意見交換をする相互協力のなかで、最適な解・イノベーティブな解を見つけ出していくディベート力を身に着けるべく、折衝で役立つ英語表現、スキルを底上げします。8.5h
Final全てを出す日です。学んできた全てのスキルと英語表現・英会話のコツを復習するとともに、最後の課題に挑みましょう!8.5h

受講者の声


DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
編集部編集者 小島 健志さん

■『Biz』のプログラム全体を通しての学びを教えてください

ビジネスのシチュエーション別に用意された英語を学んだのではなく、英語を通じて問題解決の技法を学んだという風に理解しています。たとえば、MECE(※)や顧客の課題把握など、ビジネス書で見かける問題解決の手法を英語で学べるとは思っていませんでした。もしかしたら、日本語で学ぶよりも、クリアだったかもしれません。面白かったのがLogical Conclusionのクラスで学んだ「ワラント」という考え方です。なかなか馴染めなかったのですが、この考えを知ることで、自分の中に眠っている、もしくは表現できてない潜在的な価値観や先入観を伝えられるようになりました。

(※) Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive:ロジカルシンキングの一手法、運営コンサルティング社で使われているグルーピングの原理。

『Biz』のトレーニングシステムの特徴を教えてください

1回8時間のリアルのレッスンが「主」であり、継続的に行うオンラインレッスンが「補」であるという仕組みが優れていると思います。オンラインのみの英会話にチャレンジしたことがありますが、話したという実感はあるのですが、なかなか体系だった考え方が身につかないのが現状です。その点、リアルレッスンだけでは消化できない復習にオンラインがフォーカスしていたので、知識やメソッドの定着に役立ちました。

『Biz』を受けようとご検討中の方に一言お願いします

日本で育ち日本で英語を勉強し、ビジネス英語というものに関心があって、色々と試されてきた方が向いていると思います。受験英語は勉強したものの、僕のようにうまく話せない、うまく伝えられないという方には合うのではないでしょうか。一般的な英会話塾のレッスンや英会話教材などでは『Biz』で学べることは少ないと思います。なぜなら、問題解決の技法だからです。これらを教えられる先生も少ないと思います。

実際のトレーニングの様子

まずは無料カウンセリングから

お気軽にお問い合わせください

無料カウンセリング予約 >

受講までの流れ

まずはお申し込みから

無料カウンセリングへはお気軽にお申し込み下さいませ。ご希望の日時をお選び頂きまして、後日スタッフよりご連絡させて頂きます。
(SKYPE等によるカウンセリングも承っております)

約60分の無料カウンセリング

専属カウンセラーが受講生様の現在の状況などをお伺いして、レッスンのスケジュール設定など計画をサポート致します。自宅学習の内容は受講生様に合わせてカスタマイズ致します。

オンラインレッスンは前日予約OK

オンラインレッスンにつきましては受講日の前日までご予約可能です。1レッスン60分からご受講可能になりますので、空いた隙間時間などを見つけてプログラムをご利用下さいませ。

よくあるご質問 [FAQ]

ジムについて

A.
[オンラインレッスンについて]
・24時間前までは何度でも自由に変更可能です。
・24時間以内の変更は2回まで可能です。それ以降のキャンセルについては消化としてカウントされます。
[グループレッスン]
・3日前までは何度でも自由に変更可能です。
・3日以内の変更は1回まで可能です。それ以降のキャンセルについては消化としてカウントされます。

A. オンラインレッスンは平日と土日両方受講可能です。

A. オンラインレッスンは完全マンツーマンになります。

A. グループレッスンは最大8名となります。(ネイティブ講師2名以上)

A. 1つのレッスンは1つのメインテーマで進行しますが、同時に復習で他のテーマも学習します。

A.6種類のレッスンを1回ずつ選択頂きます。

Load More

無料カウンセリングお申し込みフォーム

ご記入頂きましたら担当より実施日ご希望日等についてメールで伺わせて頂きます。

  

必須:お名前
必須:電話番号
必須:メールアドレス
コメント

お申し込み規約

イングリッシュブートキャンプ 『Biz』が目指すもの

大企業も続々取り入れる「グローバル・モード」のビジネス英会話研修が、個人様向け用にもオープン致しました!

グローバルのビジネス・シーンでは 言葉が英語に置き換わることは当然ですが それだけではありません。

グローバルでは言葉だけでなく、イングリッシュブートキャンプで学習した通り、伝え方も変わります。 それだけではありません。さらには価値観も違えば、ビジネスの作法も大分変わります。

例えば、ミーティング一つとっても日本のミーティングは、 どちらかといえば野球型(お行儀よく振舞い、発言は順番にしていくことが多い)ですが、 グローバルはサッカー型(発言の機会は積極的にとっていくインタラクティブなスタイル)です。 サッカー型のミーティングにも通用する英会話スタイルを身に着けなければなりません。

攻守は決まっており、バッターボックスに入る打者も一人ずつ。秩序を保って一人ずつ発言していく。

攻守が決まっておらず、誰もが必要な時に瞬時に発言する。発言の機会を取り合う場面もある。

グローバルの低文脈の壁を乗り越えていくためには「複雑で高度な英語」より、シンプルでロジカルな英語が有用です。 難解な「ネイティブ英語」を目指すことを一旦ヤメ、シンプル&ロジカルで通じる英語を身に着けます。

LOGICAL ロジカルに組み立て:「暗黙の了解」に頼らない(低文脈な)グローバル環境では、思考がロジカルに整理されていないと、いくら英語が達者でも説得力はありません。

SIMPLE シンプルな英語:ネイティブスピーカーのような豊富な表現を駆使した言い回しより、誤解や混乱を避けるシンプルな英語がグローバル環境では望ましい。

大切なのは、

(1)ネイティブ英語を目指さずにシンプルでロジカルな英語を目指す (2)ローカルのやり方を脱却しグローバルビジネスの攻略法を身に着ける

チェックテスト

宜しければ、以下のチェックテストを行ってみてください。

□ ポリティカル・コレクトネスを理解している

□ ステレオタイプな見方をしないように普段から配慮している

□ 差別的な言い方をしないように気をつけている

□ 意見を言うときは、最初に結論を言うようにしている

□ シンプルな英語を心がけている

□ ロジカルに組み立ててから話している

□ ノートやホワイトボードを使って図解しながら説明することが得意だ

□ 自分と違う意見、自分への反対意見を歓迎できる

□ 相手と違う意見を言うときは、相手が嫌な思いをしないように最大限気をつけながらも、相手と違う意見があれば必ず伝える

□ 合理的な結論をだすスキルがある

上記の全てがビジネス・イングリッシュでは必要になります。 それらを身に着けていくのがビジネス・イングリッシュ・キャンプなのです。

海外の相手を動かす英語とは

海外の相手を動かす英語のための

3つのトレーニング

ビジネス・コア単語「371語」を起点に、リスニング力、スピーキング力を鍛える。

最大30時間のオンライン・プライベートレッスン

■今あるボキャブラリーをより使えるものに

■リスニング力の強化

専用アプリから繰り出される100本ノックを、イングリッシュブートキャンプの人気講師たちとのオンラインのプライベートレッスンで丁寧に身に着けていく

シンプル・ロジカル英語の100本ノック(プライベートレッスン6時間付き)
10本Simple Clear English
30本Data Interpretation
30本Elevator Pitch
30本Toulmin and Logical Conclusion

日本語一切禁止の「ブートキャンプスタイル」で、1日の「突貫工事」を6本。 ミーティングの基礎から、ファシリテーション、ディベート等の「戦闘力」をつけていく。

集合クラス名内容時間数
Facilitationミーティングを乗り切るために必要なのは、能動的に発信するスキル。インタラクティブな会議をしきるファシリテーション力をベースに、英語表現、グローバル会議のコツを徹底的に磨きます。8.5h
Meeting一般的なミーティング形態(問題解決・イノベーション)を題材とし、ミーティングを勝ち抜くための戦略に基づいた効果的な英語表現、英会話のコツを徹底的に体にしみ込ませます。8.5h
Salesビジネスの問題を見抜き、そこに対しての魅力的な提案をパッションだけでなく、ロジカルに構成する力を養成し、そこで活用されるシンプルでパワフルな英語スキル、プレゼンスキルを身に着けます。8.5h
Logical Conclusion多様性のあるメンバーで納得感のある決断を出していく「合理的な意思決定スキル」を緊急開発し、シンプル・ロジカル英語で鍛えた英会話力を、リアルなシチュエーションに落とし込み実用化させてます。8.5h
Debating相手を丸め込むのではなく、相手と様々な意見交換をする相互協力のなかで、最適な解・イノベーティブな解を見つけ出していくディベート力を身に着けるべく、折衝で役立つ英語表現、スキルを底上げします。8.5h
Final全てを出す日です。学んできた全てのスキルと英語表現・英会話のコツを復習するとともに、最後の課題に挑みましょう!8.5h

受講者の声

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 編集部編集者 小島 健志さん

■『Biz』のプログラム全体を通しての学びを教えてください

ビジネスのシチュエーション別に用意された英語を学んだのではなく、英語を通じて問題解決の技法を学んだという風に理解しています。たとえば、MECE(※)や顧客の課題把握など、ビジネス書で見かける問題解決の手法を英語で学べるとは思っていませんでした。もしかしたら、日本語で学ぶよりも、クリアだったかもしれません。面白かったのが「アーギュメンテーション」のクラスで学んだ「ワラント」という考え方です。なかなか馴染めなかったのですが、この考えを知ることで、自分の中に眠っている、もしくは表現できてない潜在的な価値観や先入観を伝えられるようになりました。

(※) Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive:ロジカルシンキングの一手法、運営コンサルティング社で使われているグルーピングの原理。

『Biz』のトレーニングシステムの特徴を教えてください

1回8時間のリアルのレッスンが「主」であり、継続的に行うオンラインレッスンが「補」であるという仕組みが優れていると思います。オンラインのみの英会話にチャレンジしたことがありますが、話したという実感はあるのですが、なかなか体系だった考え方が身につかないのが現状です。その点、リアルレッスンだけでは消化できない復習にオンラインがフォーカスしていたので、知識やメソッドの定着に役立ちました。

『Biz』を受けようとご検討中の方に一言お願いします

日本で育ち日本で英語を勉強し、ビジネス英語というものに関心があって、色々と試されてきた方が向いていると思います。受験英語は勉強したものの、僕のようにうまく話せない、うまく伝えられないという方には合うのではないでしょうか。一般的な英会話塾のレッスンや英会話教材などでは『Biz』で学べることは少ないと思います。なぜなら、問題解決の技法だからです。これらを教えられる先生も少ないと思います。

実際のトレーニングの様子

まずは無料カウンセリングから

お気軽にお問い合わせください

無料カウンセリング予約 >

受講までの流れ

まずはお申し込みから

無料カウンセリングへはお気軽にお申し込み下さいませ。ご希望の日時をお選び頂きまして、後日スタッフよりご連絡させて頂きます。 (SKYPE等によるカウンセリングも承っております)

約60分の無料カウンセリング

専属カウンセラーが受講生様の現在の状況などをお伺いして、レッスンのスケジュール設定など計画をサポート致します。自宅学習の内容は受講生様に合わせてカスタマイズ致します。

オンラインレッスンは前日予約OK

オンラインレッスンにつきましては受講日の前日までご予約可能です。1レッスン60分からご受講可能になりますので、空いた隙間時間などを見つけてプログラムをご利用下さいませ。

よくあるご質問 [FAQ]

ジムについて

A.
[オンラインレッスンについて]
・24時間前までは何度でも自由に変更可能です。
・24時間以内の変更は2回まで可能です。それ以降のキャンセルについては消化としてカウントされます。
[グループレッスン]
・3日前までは何度でも自由に変更可能です。
・3日以内の変更は1回まで可能です。それ以降のキャンセルについては消化としてカウントされます。

A. オンラインレッスンは平日と土日両方受講可能です。

A. オンラインレッスンは完全マンツーマンになります。

A. グループレッスンは最大8名となります。(ネイティブ講師2名以上)

A. 1つのレッスンは1つのメインテーマで進行しますが、同時に復習で他のテーマも学習します。

A.6種類のレッスンを1回ずつ選択頂きます。

Load More

無料カウンセリングお申し込みフォーム

ご記入頂きましたら担当より実施日ご希望日等についてメールで伺わせて頂きます。

  

必須:お名前
必須:電話番号
必須:メールアドレス
コメント

お申し込み規約