短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ > Articles by: Miki / ミキ

About Miki / ミキ

セカンドベストイングリッシュで単身アメリカ旅行をしてしまう行動派、底抜けの明るさで受講生様をサポート。イングリッシュブートキャンプSTAFFとしてプログラムの魅力をお伝えしていきます!

Raluさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!

2019-07-24T14:37:32+00:00

みなさんこんにちは。MIKIです(^^)/★ 先日、YoutuberのRaluさんがイングリッシュブートキャンプに参加され その時の様子をまとめた動画がUPされました!  La bonne cuisine de Ralu たったの2日間で英会話が上達する方法! プロの料理人として自宅でお料理教室を開催されている一方、 フランスでパティシエとして働いていた経験もあるRaluさん! パティシエ時代はもちろんフランス語で生活していたようですが “英語を学びたい!”という気持ちはずーっとあったそうです。 ただ9月にはスペインへ留学に行く予定があるため 今から長期の英会話スクールには時間的に通えない… そこで、超短期集中型であるイングリッシュブートキャンプに 参加してくださいました!     イングリッシュブートキャンプの洗礼!? イングリッシュブートキャンプではまず初めにオリエンテーションを受けていただきます。 事前アンケートの記入や諸注意事項の説明などをさせていただくのですが、 その中でも第一関門とも言える英語のミニスピーチには受講生の皆さんはいつも困惑顔(笑) もちろんRaluさんにもミニスピーチを行っていただきました! しかし、緊張もあってか、言葉が出てこず、 どんどん声が小さくなってしまいとにかく自信なさそう… スピーチを終えたRaluさん、「やばい」を連発していました(笑) 他の受講生の皆さんも同様の反応です。     基本的なところからしっかりサポート! オリエンテーションを終えたら、いよいよプログラムがスタート! 熱血インストラクターPatrickの指導の下、 アイコンタクト・ジェスチャーなど基本的なことから学んでいきます。 これだけでもオリエンテーションのときからかなりの変化を感じられます!

Raluさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!2019-07-24T14:37:32+00:00

「ねぎ」って英語で何て言う?|覚えておきたい野菜英語

2019-09-06T09:35:04+00:00

みなさんこんにちは!MIKIです(^o^)/★今回は野菜英語についてお話させて頂きます! 先日のランチタイムでの出来事です。 ランチにはいつも代表が買ってきてくれた漬物をみんなで食べているのですが、そんなとき前職で食品関係の会社で務めていたShunがこんなことを教えてくれました。 Shun「地域によって野菜の英語って変わるんだよ!」 Miki「え、そうなの!?」 聞けばいろいろ面白い野菜英語。 そこで今回は、Shun・Yu・Anne・Rob・Lucas・Patrickにアンケートをとったので日本人が間違えやすい野菜英単語をメインに紹介したいと思います! かぼちゃ “かぼちゃ”と聞くとおそらく“Pumpkin”と思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。 わたしもそうだと思っていました。しかしそれは大きな間違いなのです!!! あくまでもPumpkinはハロウィンで使われるようなオレンジ色のかぼちゃのこと。 多くの英語圏ではこれが主流。   日本で主流の緑かぼちゃのことは“Squash”というそうです。   ただこれには海外で生活していた日本語スタッフのShunとYuは、 「それってカテゴリーのことじゃないの?」とか  「別の食べ物じゃないの?」などと言っていました。   日本で“緑のかぼちゃ”を伝えたいなら“squash”でも通じそうですが 海外で“squash”というとそのときは別のものが出てきそう…!! 茄子 茄子はYuとAnneが最初に教えてくれた単語です。   アメリカ英語圏では“Eggplant”といいます。直訳すると…卵の植物?なんで!? その由来は形にあります。 まさに卵のよう!Eggplantと言われるのも納得です。   ただ現在では、 日本のものより大きくなりますがアメリカでも紫色の茄子が主流だそうです。   ちなみにイギリス英語圏では“Aubergine”というとのこと。 もともとフランスの言葉のようですが、ドーバー海峡をも越えてきたんですね。 ねぎ ねぎについてはShunが詳しく教えてくれました!

「ねぎ」って英語で何て言う?|覚えておきたい野菜英語2019-09-06T09:35:04+00:00