短期集中型英会話スクールならイングリッシュブートキャンプ

English Boot Camp

高校生イングリッシュブートキャンプ2019を開催しました!

みなさんこんにちは!MIKIです(^^)/★

今回は高校生イングリッシュブートキャンプ2019の開催報告になります!

先日ニュースを見ていたら
8月最終週から2学期が始まっている学校がほとんどだということを知ってとても驚きました!

わたしが学生だった頃は海の日の前日に終業式を行い、
2学期スタートは9月1日からでした。

1週間も短くなるなんて…と思いましたが、それでも1ヵ月ととても長い夏休み。

学生たちにとってたくさんの経験ができる貴重な時間。

皆さまどのように過ごされていたのでしょうか?

そんな夏休み期間、イングリッシュブートキャンプでは
「高校生イングリッシュブートキャンプ」を開催しました!!

今回はその様子についてお伝えしたいと思います☆彡

YouTubeに当日の様子をアップしてますので是非ご覧ください♪

高校生を1日で劇的にかえる魔法の一日

当社では通常ビジネスマン向けに
2日間で英語を喋れるようになるプログラムを提供させて頂いております。

しかしその一方で
「学生向けのプログラムはないの?」というお声も多く頂いておりました。

そんな中、2013年に北海道教育委員会が主催する
「Hokkaido Super English Camp」から招待され、
高校生へ向けてイングリッシュブートキャンプを実施したことを皮切りに、
ごくたまにですが、学生向けを開催することになりました。

帯広の柏葉高校で1日のイングリッシュブートキャンプを開催したときの模様は、こちら↓

学生支援活動「高校生向け英語ブートキャンプ」スタート

ここ、二子玉川の自社施設でも2017年から不定期的ですが、
「1日限定高校生イングリッシュブートキャンプ」を開催しており、
今回でなんと4回目を迎えました!!

今回のテーマは

「“夢”を持って“Active”に英語を話すようになる」です。

このテーマにした背景や、
そもそもなぜ高校生イングリッシュブートキャンプの開催を決めたのか?

直接、当社代表のGeneral児玉へ突撃インタビューしました!!

わたしたちイングリッシュブートキャンプは、英語学習者の方々に「話すきっかけ」と「勇気」を提供したく、日々奮闘しています。当然それは「大人」だけではなく、全ての方々です。例えば今回対象とさせて頂いた高校生。彼ら・彼女たちにも、ぜひ、話すきっかけをつかみ、勇気を持ってほしい。そして、アクティブに英語を話していくコツを身に着けてほしいと思っています。英語はツールにすぎず、大切なのはそれで何をするか。アクティブな英語を手に入れたら、それでぜひ「夢」を叶えてほしい。そういった想いで運営しています。何回か高校生とご一緒し、イングリッシュブートキャンプとして確信していることは、特に高校生くらいの方々はほんの少し背中を押させて頂くだけで、本当に大きく変わるということです。学生として毎日英語を勉強している「現役」ということもあるでしょうが、柔軟で好奇心とエネルギーに溢れる世代こそ、「コツ」と「自信」を得るだけで、一気に英語で話し始めだすのです。ですので、たった1日だけでも十分大きな変化が期待できるのです!

高校生たちにとっての「英語」とは?

今回は16人の高校生が参加してくれました。

そのうち高校1年生が半数を占め、
早い段階から英語に対する学習意欲が高いことが伺えます

それは事前アンケートからも読み取れることでした。

Q. 今から英語を学ぶ理由は?

という質問に対し

A. 受験で必要な科目だから
A. 外国人と会話をしたい

など、学生ならではの回答がある中、

A. 将来英語は絶対必要になるから
A. 英語を使う仕事に就きたいから

と、将来を見据えた回答が1番多く見受けられました。

どんなプログラムをやったのか

通常ビジネスマンに向けて行う2日間のプログラムを
1日限定版にリメイクして行う学生イングリッシュブートキャンプ。

短い時間の中で「“夢”を持って“Active”に英語を話すようになる」ことを目指します。

その目標に向かってリメイクされた特別スケジュールがこちら!

Time table Class
10:00 ~ Open
10:10 – 10:40 Role playing Ⅰ
11:00 – 11:30 Go to the moon & You’ll Love It!
11:30 – 12:10 Impact introduction
12:10 – 12:55 Lunch
12:55 – 13:35 Word Challenge
13:35 – 14:15 Quick Shot
14:25 – 15:05 Telling a Story
15:15 – 16:05 Instant Reason
16:15 – 16:55 Video Letter
16:55 – 17:20 Role playing Ⅱ
17:20 – 17:40 Graduation Ceremony

1番人気だったアクティビティはTelling a Storyでした。

ユニークな動画の内容を説明するアクティビティで、
ジェスチャーを駆使して相手に伝える重要性を感じていたようです。

次いで人気だったYou’ll Love It!は
大きな声で自分のお気に入りのモノをオススメするアクティビティ。

アクティビティの1発目で大きな声を出すことで
一気に緊張がほどけたとの生徒が大半でした。

最後のVideo Letterでは
1日で学んだ出来事をグループで話し合い
絵(ENGLISH MAP)に書いて発表するアクティビティを行いました。

MAP作成にあたりグループで英語で話し合い
各グループ、個性溢れる思い思いのMAPを書き上げてくれました。

たくさんの学びのある1日になったのだと強く感じました。

自分の変化に自分自身が1番驚く

プログロムの前後に行ったRole Playingは
1日のプログラムを経ての変化を見るためのアクティビティでした。

外国人観光客に話しかけられたらどうする?
という、誰にでも起こりうるシチュエーション。

プログラム前は何を言えばいいのか、
緊張と不安から何も言葉が出てこない生徒たちでしたが
プログラム受講後は自信に満ち溢れハキハキと笑顔で受け答えしている生徒たち!

この変化にはわたしもとても驚きましたが、
1番驚いていたのは生徒自身のようです。

プログラム終了後に行った事後アンケートでも
ポジティブなメッセージをたくさん頂戴しました。

高1女子
自分が自分じゃないほど変わることができた
高1女子
英語は「勉強」ではなく「挑戦するもの」だと感じた
高1男子
ここでしか学ぶことができない方法で楽しく英語が身についた
高2男子
簡単な単語でも伝えようと思って言うと伝えることができる
高3女子
英語の楽しさを理解することができた

「英語(英会話)に対する考え方が変わった」や
「自信がついた」などの回答が特に多く
さらに「自分を変えることができた!」という回答もたくさんありました!!

たった1日だけのプログラムでも十二分に効果を感じ
「自信」と「変化」を取得したようです。

参加できなかった高校生たちへ伝えたいメッセージ

今回参加した高校生たちは学生イングリッシュブートキャンプを経て
英会話に対する考え方に変化が生まれ、
苦手意識を払拭し大きな自信を手に入れることが出来ました!

勇気を出して1歩踏み出せば大きな成長が見られることは
きっと今回に限ったことではないでしょう。

しかし、1日、日本語を話せない環境に飛び込み
まさに「“夢”をもって“Active”に英語を話すようになる」
ということを体現してくれた生徒たち。

彼らのこれからの活躍を応援するとともに、
今回参加できなかった高校生たちにもこのメッセージが届くことを願います。

\ Yes! You can speak!!! /

ALL-EIKAIWA管理人キツネさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!

みなさんこんにちは!MIKIです(^^)/★

先日、「ALL-EIKAIWA」というWebサイトの管理人であるキツネさんが
イングリッシュブートキャンプをガチ受講され、その時の様子をまとめた記事がUPされました!

 【ガチ受講】イングリッシュブートキャンプを実際に2日間受けてみた感想【体験記】
https://all-eikaiwa.com/ebc-trial/

ALL-EIKAIWAとは?

ひとことで言ってしまえば、英会話スクール比較サイトです。

しかし、そのへんのまとめサイトとは訳が違います!

なぜなら…

英会話教室の元スタッフ、業務マニュアル翻訳、
海外留学経験3年、CEFR C1(TOEIC950点相当)などなど…

自身も英語を習得してきた経験のあるキツネさんだからこその視点があるからです!!

実際に国内の様々な英会話スクールの類へ赴いてガチ受講し
その様子や感想をまとめた記事や
その経験を活かして自分に合う英会話スクールの選び方のコツなど、
とにかく英語の学びについてまとめられています。

これまで都内を中心に受講してきたスクールは、なんと25か所以上!!

これだけ様々なところで勉強法を実体験しているということは
いろいろなノウハウを熟知しているに違いありません。

その確かな情報量から月間2万PV以上を誇る人気の比較サイトとなっています!

そんなキツネさんがイングリッシュブートキャンプへ参加されたとは…

気になる評価はどうだったのでしょうか…!?

いざ、参戦!…と、その前に?

気になるところですが、評価を見ていく前に
キツネさんがイングリッシュブートキャンプへ参加するところから
順をおって見ていきましょう!

基本的なことですが、まずイングリッシュブートキャンプへ参加する際は申込みが必要で
予約専用フォームから行います。

イングリッシュブートキャンプは、
祝日等で多少前後するものの基本的に週末、水~木の各2日間、週2回開催しています。

特に平日は割引が適用され3000円お得に受講可能ですので
ご都合つく方はぜひ平日にご参加ください☆

プログラムを始める前に

いよいよキャンプ当日!

会場は最寄り駅の二子玉川から徒歩5分程度の距離にあります。
※二子玉川までの各方面からの詳しい行き方については後日アップ予定です!

会場に着いたらまず受付で名札を作成し、席にて事前アンケートに答えていただきます。

キツネさんがおっしゃっているように
1日目の夕飯メニューについての質問があるので忘れずに答えてくださいね(^^)
※キャンプ中のご飯についての記事も後日アップ予定なのでこちらもお楽しみに♪

そのあとのオリエンテーションでは、
英語のレベルチェックテストや諸注意事項などの説明のほか、
2日間の学習効果を最大限に高めるための目標設定などを全員で確認します。

「Action型」のトレーニング

恐らく皆さんのこれまでの英語学習は、
英単語や文法などを「暗記」することを中心とした「Stock型」ではないかと思います。

英会話の90%をカバーしている英単語数はたった900語と言われていますが
中学校で習う英単語数は1200語
高校で習う英単語数は3000~5000語もの数なのです!

十分なストックがあるはずなのになぜうまく会話ができないの!?

それは、「Action型」のトレーニング、
つまりStockした知識を起動(Activate)させるトレーニング
圧倒的に足りていないからです!

イングリッシュブートキャンプでは
2日間という短期間で3つの「Action」型のトレーニングを徹底して行います。

それがオリエンテーションでも確認する
イングリッシュブートキャンプの、いわばゴール。

1.心理的障壁
2.瞬間英発話
3.異文化コミュニケーションの壁

これら3つの壁を壊すことなのです!

3つの壁

1.心理的障壁

英語を話すとき『間違えたらどうしよう…』といった不安や
『上手に発音できない』などの羞恥心がありませんか?

その状態では、せっかくのStockもスムーズに使えず、自然な会話は望めません。

まずは、その壁を壊しましょう!

大きな声を出して、
ジェスチャーやアイコンタクト等を習得するトレーニングから行います。

——-最初の緊張状態からいきなり大声を出したり、全員の前でジェスチャーを交えながらスピーチを実施するので、正直かなり結構しんどいのですが、このトレーニングのおかけでそれまでの緊張が一気に吹き飛んだ気がします。英語上達にはあまり関係ないテクニックですが、スピーチの基礎を学べるので、仕事などでも活かせると思います。

確かに一発目のトレーニングから大きな声をだしたり…
ジェスチャー・アイコンタクトって英語と何の関係があるの?
と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一発目に行うからこそ意味があるのです!!

このトレーニングで羞恥心を取っ払ってしまうと
このあとのプログラムがよりスムーズに身体に身についてきます!

2.瞬間英発話

完璧な英語ではなくても良いので、
自分が「既に知っている英語=セカンドベストイングリッシュ」で発話力を鍛え
『英語で十分やり取りできる』という感覚を身に着けます。

独自のトレーニングと24時間日本語禁止の
英語から逃げられない環境でセカンドベストイングリッシュを緊急開発します。

3.異文化コミュニケーションの壁

日本では当たり前なことが、一歩外へ出ると全く通用しないことはたくさんあります。
(もちろん逆も然りですけどね!)

例えば、日本では相手の話が終わるまで最後まで聞くことが当たり前ですが、
海外ではそうではありません。

ここで活用できるのが“Cut in”というテクニック。

一方的に話している相手をコントロールしたり
不明点があった時に聞き逃してしまわないように話に割り込むことです。

これは日本人同士の会話では失礼になりがちな行為なので、
難しいと感じる方が多数いらっしゃいます。

しかし!!

——-独学や普通の英会話スクールでは中々習得できないテクニックなので、これだけを知れるだけでもかなり為になると思います!

そう、このテクニック、他ではなかなか習得できないテクニックですよ♪

また、短い時間で効果的に言いたいことを伝えるため
上手く話を構造化するテクニック “Elevator pitch” など…

——-このトレーニングはかなり実用的で、英語のスピーキング試験や、プレゼンなどでも応用できるテクニックだと思います。

英語力の高いキツネさんにとっても、改めて英語と向き合うきっかけや
ここでしか学べないことをしっかり受け取ってくださったようです。

さぁ、いよいよキツネさんの評価の発表です!

この2日間のプログラムを通じて実際に3つの壁を壊すことができたのでしょうか!?

そしてその気になる評価は一体…??

気になる評価は…?

キツネさんの気になるイングリッシュブートキャンプの評価は…

 4.3 ★★★★☆

スクールの数は二子玉川にしか教室がないので致し方ないかと思いますが…

この点数はキツネさんのサイト全体でもかなり上位に位置付けています!

——-プログラムを受けてみた感想を一言でまとめるなら、「キツいけど行って良かった」ですね。ここまで紹介したように、トレーニングの内容は本当にハードなのですが、プログラム受講後には目に見える変化を実際に感じることが出来ましたし、受講前と比べても、英会話に対する自信は確実につきました。料金に関しては人によって感じ方が異なると思いますが、2日間で自分の英会話学習にブレイクスルーを起こせると考えればコスパもそこまで悪くはないと思うので、「英語の殻を破るきっかけが欲しい」という気持ちが少しでもあるなら検討する価値は十分あると言えるでしょう。

もともとのポテンシャルも高いキツネさんへも
イングリッシュブートキャンプの伝わるメッセージがあり、ご満足していただけたようです!

キツネさん、ご参加いただきありがとうございました!

そして2日間、本当にお疲れ様でした!

Raluさんがイングリッシュブートキャンプに参加されました!

みなさんこんにちは。MIKIです(^^)/★

先日、YoutuberのRaluさんがイングリッシュブートキャンプに参加され
その時の様子をまとめた動画がUPされました!

プロの料理人として自宅でお料理教室を開催されている一方、
フランスでパティシエとして働いていた経験もあるRaluさん!

パティシエ時代はもちろんフランス語で生活していたようですが
“英語を学びたい!”という気持ちはずーっとあったそうです。

ただ9月にはスペインへ留学に行く予定があるため
今から長期の英会話スクールには時間的に通えない…

そこで、超短期集中型であるイングリッシュブートキャンプ
参加してくださいました!

イングリッシュブートキャンプの洗礼!?

イングリッシュブートキャンプではまず初めにオリエンテーションを受けていただきます。

事前アンケートの記入や諸注意事項の説明などをさせていただくのですが、
その中でも第一関門とも言える英語のミニスピーチには受講生の皆さんはいつも困惑顔(笑)

もちろんRaluさんにもミニスピーチを行っていただきました!

しかし、緊張もあってか、言葉が出てこず、
どんどん声が小さくなってしまいとにかく自信なさそう…

スピーチを終えたRaluさん、「やばい」を連発していました(笑)

他の受講生の皆さんも同様の反応です。

基本的なところからしっかりサポート!

オリエンテーションを終えたら、いよいよプログラムがスタート!

熱血インストラクターPatrickの指導の下、
アイコンタクト・ジェスチャーなど基本的なことから学んでいきます。

これだけでもオリエンテーションのときからかなりの変化を感じられます!

難しい単語は必要ない!?

続いては「Word challenge」というゲーム。

わたしがアメリカへ一人旅に行ったときにたくさん使った

“セカンドベストイングリッシュ”を鍛えるトレーニングです。

セカンドベストイングリッシュとは、弊社が推奨しているスキルのこと。

今ある自分の英語力で相手に物事を伝えることです!

このアクティビティは受講生の皆様からとても好評で
わたし自身も大好きなアクティビティ!

Raluさんも一生懸命インストラクターに伝えています。

出てくる単語は簡単なのですが、実はそれが逆に難しい!

例えばこの「earth(地球)」という単語。

皆さんなら自分の英語力でどのように説明しますか?

休憩時間も休憩時間じゃない!?

イングリッシュブートキャンプでは休憩中も英語で会話をします。

各アクティビティは50分前後で行われていて、
アクティビティの間は10~15分程度の休憩を取りながら進めていきます。

しかし、そこはイングリッシュブートキャンプ。

休憩時間はおろか、ランチやディナーなどの食事時間も含めて
2日間教室内では一切日本語禁止なのです!

最初は戸惑っていたRaluさんですが、
不安や羞恥心などのマイナスな気持ちが
どこかへ消えているのが表情からわかります

そう、この強制環境は英語を話す姿勢へと無意識にいざなっているのです。

Mr.Smithへのビジネスプレゼンテーション

最後のプログラムは、2日間の集大成としてビジネスシーンを想定した
プレゼンテーションを行っていただきます。

内容としては、
受講生の皆さんには日本の旅行会社としてクライアント(Mr.Smith)に日本へ来てもらうように
ニーズのヒヤリング→プランの作成→プレゼンテーションをしてもらいます。

この2日間で学んだことをフルに活用して
みなさん思い思いのプランを提案されていました。

たった20時間、されど20時間

全プログラムを終えて、1日目の朝に行った英語ミニスピーチを再度行います。

さて、どれだけ変化したのでしょうか?

ギターが単純に好きだということでちょっとテーマが難しかったようですが(笑)

どのような構造で話せば短い時間でも言いたいことが相手に伝わるのかロジカルに説明し、
ジェスチャーも交えて発表してくれたRaluさん。

前日の自信のなさそうな雰囲気は全く感じられません!!

スピーチ後はインストラクターAnneからのFeedbackがあり

そして…

感動の卒業式☆彡

Leaderから卒業証書がひとりひとりに手渡されみんなで記念撮影です。

たった20時間という時間ですが、

・英語を使い続けることの大切さ

・話がわからなければ聞き直すこと

・伝えたいという気持ちを相手に伝えること

など、ここでしか学べないことをたくさん吸収してくださったようです。

2日間のプログラムを経て英語を話すことに自信がついた様子のRaluさん。

今後もここで学んだことをフルに活かして英語を話し続けてほしいと思います。

Raluさん、2日間本当にお疲れ様でした!

「ねぎ」って英語で何て言う?|覚えておきたい野菜英語

みなさんこんにちは!MIKIです(^o^)/★今回は野菜英語についてお話させて頂きます!

先日のランチタイムでの出来事です。

ランチにはいつも代表が買ってきてくれた漬物をみんなで食べているのですが、そんなとき前職で食品関係の会社で務めていたShunがこんなことを教えてくれました。

Shun「地域によって野菜の英語って変わるんだよ!」

Miki「え、そうなの!?」

聞けばいろいろ面白い野菜英語。

そこで今回は、Shun・Yu・Anne・Rob・Lucas・Patrickにアンケートをとったので日本人が間違えやすい野菜英単語をメインに紹介したいと思います!

かぼちゃ

“かぼちゃ”と聞くとおそらく“Pumpkin”と思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

わたしもそうだと思っていました。しかしそれは大きな間違いなのです!!!

あくまでもPumpkinはハロウィンで使われるようなオレンジ色のかぼちゃのこと。

多くの英語圏ではこれが主流。

 

日本で主流の緑かぼちゃのことは“Squash”というそうです。

 

ただこれには海外で生活していた日本語スタッフのShunとYuは、

「それってカテゴリーのことじゃないの?」とか 

「別の食べ物じゃないの?」などと言っていました。

 

日本で“緑のかぼちゃ”を伝えたいなら“squash”でも通じそうですが
海外で“squash”というとそのときは別のものが出てきそう…!!

茄子

茄子はYuとAnneが最初に教えてくれた単語です。

 

アメリカ英語圏では“Eggplant”といいます。直訳すると…卵の植物?なんで!?

その由来は形にあります。

まさに卵のよう!Eggplantと言われるのも納得です。

 

ただ現在では、
日本のものより大きくなりますがアメリカでも紫色の茄子が主流だそうです。

 

ちなみにイギリス英語圏では“Aubergine”というとのこと。

もともとフランスの言葉のようですが、ドーバー海峡をも越えてきたんですね。

ねぎ

ねぎについてはShunが詳しく教えてくれました!

ねぎもかぼちゃや茄子と同じように、
日本で売られているものと海外で売られているものは大きく異なります。
 


一般的には“Spring onion”, “Green onion”, “Scallions”などといわれており、
だいたい同じ意味・モノを指していますが、

長葱というよりは万能ねぎに近く、
刻んで生でも食べることができるもののようです。

 

わたしはねぎと言えば“Leeks”と思っていたんですが、
RobやLucasに聞いてみると、
「そう呼ぶ人もいるけどごく少数。あんまり使わないかな」と教えてくれました。

日本のねぎより青い部分が厚いことから、
刻んで生で食べるより、
加熱したりお鍋をするときに重宝するようなタイプとのこと。

白菜

白菜は茄子のように、地域によって呼び方が変わります。

 

アメリカでは“Napa Cabbage”

イギリスでは“Chinese Cabbage”もしくは“Chinese Leaf”です。

 

ちなみに白菜を数えるときはheadを使って
“one head of chinese cabbage…”などと言うこともありますので
ぜひ一緒に覚えておきましょう!

パクチー

パクチーは英語圏ではまったく通じません。なぜなら…タイ語だからです!

 

英語圏では“Cilantro”, “Coriander”といいます。

どちらも同じくらい浸透していますが、“Cilantro”はスペイン語だそうです。

きのこ類

これはとっても簡単!なぜなら全部“mushroom”でOKだからです!

えのきも、舞茸も、エリンギも、しいたけも、ぜーーーーんぶ!!簡単ですね!!!

 

Shunに教えてもらったUKのあるスーパーのサイトを見ると
どの種類でもほとんどが“mushroom”と記載されていました。

 

しかしシンガポールのあるサイトでは

“Enoki Mushroom”“Mushroom King Oyster”などとも記載されていました。

 

国によって記載の仕方は様々なんですね。

ただ、“Shiitake”だけは最近単体でもだいぶ認知されてきているそうです。

PEPPERS!?

“Pepper”といえば「こしょう」ですが、いくつもの野菜にも使われているんです。

それではpepper軍団を箇条書きでご紹介します。

 

Chili pepper-唐辛子

Bell pepper/ Capsicum-パプリカ

Shishito pepper/Padron pepper-ししとう    etc。。。

 

ここで気になったのが、Bell pepper/ Capsicum-パプリカ。

パプリカもパクチーのように英語だと思っていたのは私だけでしょうか?

 

海外で「パプリカ(Paprika)」というとパプリカ粉を指すらしいです。

だから友達に「パプリカ買ってきて!」と頼むと、
パプリカ粉を買ってきてくるそうなので、これは要注意です!

 
Paprika-パプリカ粉

その他

オクラ―Okra

枝豆-Edamame

 

これはもう、そのまんま!

ただ、枝豆の発音は「イダマミー」になるそうなので注意です。

いかがでしたか?
 

個人的には今まで学んできた知識と実際使われている言葉が全然違くて戸惑いましたが、

言語や文化が違うように、野菜も全世界共通ではないのは
ごく自然で当たり前のことですよね!

 

他に気になった野菜の言い方があれば、
ぜひキャンプに来てインストラクターに聞いてみてください★

また居酒屋の料理の説明についてはこちらの記事もおすすめです!

「居酒屋」は英語でなんと呼ぶ?|覚えておきたい居酒屋で使える英語